行政法

行政法ドリルNo.1[解答編]

 


【解答】
第1 正誤
誤っている。本問の同意に,処分性は認められない。
第2 理由
1 「処分」(行政事件訴訟法(以下「行訴法」3条2項等)とは,公権力の主体たる国又は公共団体が行う行為のうち,直接国民の権利義務を形成し又はその範囲を確定することが法律上認められているものをいう。以上は,➀公権力性②直接具体的法効果性に整理できる。
2(1)都市計画法(以下「法」)32条1項規定の「同意」は,公共施設管理者に対し,国民が開発許可を受けるための法的地位を規律する権限を付与したものである。この権限は,公共施設管理者が,法によって付与された優越的地位に基づいて,国民に対して一方的に行使される権限である。そのため,法32条1項「同意」については➀公権力性が認められる。
(2)法33条1項は,開発許可の申請に係る開発行為が法所定の要件を充たす場合,都道府県知事は開発許可をしなければならないと規定する。
他方,法33条1項は,開発許可の申請が法32条1項の「同意」を得られないまま行われた場合について規定していない。そうすると,開発許可の申請を行おうとする者が,法32条1項が規定する公共施設管理者の「同意」が得られないまま申請をした場合,都道府県知事がその申請を確実に不許可にするとは限らない。そのため,開発許可の申請を行う者は,「同意」が得られなかったからという理由で確実に開発行為が制限されるとはいえない。
(3)したがって,同意を拒否する行為が,開発行為自体を直接禁止するものではなく,開発許可申請者である国民の開発行為をする権利を直接制限するものでもない。制限が認められるとしても,それはあくまで都道府県知事の裁量的判断によるものであり(法33条1項参照),同意の拒否自体によって直接的に誘発された制限ではない。②直接具体的法効果性は認められない。
3 よって,本問において同意を拒否する行為は,直接国民の権利を制限する性質をもたないため,「処分」にあたらない。                        以上

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

* * *

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【2018年10月19日(金)発売!】
「悪文・乱文から卒業する 正しい日本語の書き方」が、Discover21様から発売となります!増補改訂で、更に使いやすくなりました!https://amzn.to/2E377oF

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 行政法

    行政法No.5[解答編]/作者不明の言葉(2)

     ・よく睡眠がとれた朝は、「行くぞ」と…

  2. 行政法

    行政法ドリルNo.2[解答編]

     【設問】次の記述の正誤を,理由と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 総論

    夏を制する者が、試験を制す!
  2. プロフェッショナルな勉強法

    合格体験記を、鵜呑みにしない
  3. 総論

    合格したいなら、方法をクル・クル変えない!
  4. 総論

    【講座791】 「受かるには・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を…
  5. 総論

    合格への情報処理
PAGE TOP