1. 憲法

    裁判官の身分保障

     次の文は、正しいか。理由を付して、答えよ。「下級裁判所の裁判官が、まるまる1年間、病気で休んだ場合、報酬は減額される」【注】(1)司法試験の本番が近づけば近づくほど、細部にとらわれず、基本的な事項を常識をもって、処理すること。(2)この問題は、面白いが、本番では出にくい。(3)さあ、今日も、やるぞ───。▼本日午前4時更新の「成川豊彦日…

  2. 憲法

    平18年13問イ肢の解答

     (1)誤っている。(2)(理由)勤労を「強制」すること自体が、「苦役」だからである。【注】(1)シンプルだと、スピーディーになる。…

  3. 憲法

    平18年13問イ肢

     平18年13問イ肢は、正しいか、誤っているか。理由を1行(30字以内)で述べよ。イ.憲法第27条第1項は、勤労の義務を定めている。憲法第18条…

  4. 憲法

    統治の論点の解答

     (1)権力分立の原理とは、国民の権利・自由を保障するために、国家の権力を性質に応じて「区分」し、それぞれを異なる機関に担当させるように「分離」し、相互に「…

  5. 憲法

    統治の論点

     次の用語を、定義せよ。(1)権力分立の原理(2)実質的意味の立法(3)「国会は国の唯一の立法機関」(4)国会中心立法(5)国会…

  6. プロフェッショナルな勉強法

    難問で解けないときは、「しょせん、この世は・・・」と開き直る

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉強法” No.24をどうぞ!本試験や答練中、どうしても分からない問題にぶち当たった。制…

  7. 憲法

    普通選挙と平等選挙の解答

     普通選挙平等選挙定義財力や納税額等の経済的条件だけでなく、人種・性別など社会的条件をも選挙権取得の要件にしない選挙であ…

  8. 憲法

    普通選挙と平等選挙

     普通選挙と平等選挙の定義を述べ、類似点と相違点を1つずつ挙げよ。【注】(1)具体的なことがらを、抽象化することも「頭が良くなる方法」である…

  9. 憲法

    学問の自由の解答

     (1)学問の自由とは、国民一般が真理を探究し、個人の人格を発展させ、広く文化の発展に寄与する自由をいう。(2)生存権とは、すべての国民が健康で…

  10. 憲法

    学問の自由

     次の用語を、定義せよ。(1)学問の自由(2)生存権(3)教育権(4)労働組合の統制権(5)二重のしぼり【注】(1)定義…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP