過去の記事一覧

  1. 行政法

    行政法ドリルNo.24[問題編]

     次の【設問】について解答せよ。【設問➀】行政庁Aが,行政規則としての裁量基準に従って,営業許可申請を求めるBに対し,「裁量基準に従えないのであ…

  2. 総論

    「予備試験/50才以上・合格者数・3倍作戦」を受講して、感じたこと

     受講生のAさんから知らせが入りましたので、ご紹介いたします。 私は、この夏から「3倍作戦」を受講している、司法試験•予備試験の受験生です。…

  3. 総論

    連絡をおろそかにするのは、信用を無くすこと

     受講生のTさんから知らせが入りましたので、ご紹介いたします。 私は、東京で、予備試験・司法試験の勉強をしている社会人受験生です。 8月半ば…

  4. プロフェッショナルな勉強法

    間違ったら゛改善ノート”か゛改善マーク”を

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉強法10選” No.5をどうぞ!A君:「答練ではミスをし、本番では大失敗をしでかし…

  5. 憲法

    立法権(府)・行政権(府)・司法権(府)の解答

     (1)[立法権(府)・行政権(府)]にグルーピングしたのは、「議院内閣制」という基準(概念)による。(2)[行政権(府)・司法権(府)]にグルーピ…

  6. 憲法

    立法権(府)・行政権(府)・司法権(府)

     立法権(府)・行政権(府)・司法権(府)を、ある項目によって、(1)と(2)のように2分したとする。この場合、(1)[    ]と(2)[    …

  7. 商法

    商法ドリルNo.23[解答編]

     次の【設問】(➀から③)について解答せよ。【設問➀】競業取引(会社法356条1項1号「事業の部類に属する取引」)の定義【解答】会社…

  8. 商法

    商法ドリルNo.23[問題編]

     次の【設問】(➀から③)について解答せよ。【設問➀】競業取引(会社法356条1項1号「事業の部類に属する取引」)の定義【設問②】A…

  9. 憲法

    衆議院解散権の解答

     正しい。(1)「日本国憲法は議院内閣制を採っていると理解できるから、この制度の本質からして、内閣による自由な解散数が認められているという説」は…

  10. 憲法

    衆議院解散権

     衆議院解散権に関する次の記述は、正しいか(平成21年憲法15問肢ウ)。理由を付せ。ウ. 日本国憲法は議院内閣制を採っていると理解できるから、この制…

ペイパル新規登録キャンペーン

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

  1. 憲法

    【講座389】 設問 – 頭は、すぐ良くなる
  2. プロフェッショナルな勉強法

    03/02更新【講座1526】がんばった自分には、ご褒美を – プロ…
  3. 総論

    泣いても笑っても勝負だ。勝つだけです!!
  4. 総論

    02/01更新【講座1497】「“自然の水”が、君を助ける!」 – …
  5. 総論

    優先席の怪談が解けそうです?!
PAGE TOP