総論

【講座771】 「日本をよくするのは・・・?」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能になりました!!
[新刊]7科目・体系別・成川式「新司法試験 短答 過去問集」(民訴刑訴
【イチ押しのDVD通信】予備試験でも「成川式」!1日で、一般教養を完成!!
[オリジナル・レジュメ付]常識で解く!予備試験「一般教養科目」解説講座(DVD通信)


司法試験・予備試験に合格を決める君よ! ロースクール出身者の合格率(平成23年)を、東京(都)と関西(京都・大阪・兵庫)で比べてみた。東京27%で、関西24%である。3%の差。これをどうみるか。東京には、「受験情報が多い」「やる気のある受験生がいる」など、いろいろの原因があるであろう。しかしである。どんなことがあろうとも、関西にいる受験生よ! しっかりしよう。関西には今、都構想がある。これに、あやかるわけではないが、「東京モンに、負けないぞ」という気迫が、ほしい。「自分ががんばって、合格する」→「関西を住みよくする」→「日本をよくする」。これで、行こう。
わしも協力する。2012年2月11日(土・祝)午前10時から、<「関西」必勝合格ゼミ>をやる。面白いヨ。まず、1時間は短答合格のエキスを実演する。次に5時間、論文(憲法)平成22年を、受講生の論文答案を徹底的に検討し、「合格答案」に仕上げる。この1日で、「短答」「論文」の合格エキスが、習得できる。
【注】
2012年2月12日(日)午前10時から、<「関西」ライブ・短答アレンジ答練>。これも、面白いヨ。
このアレンジされた過去問を解くと、新作と同じ感覚にさせられる。280点以上を取れば、今年の本試験は、「短答」「論文」とも合格する。250点以上だと、合格する可能性がある。それ以下でも、「あと3か月、死んだつもりでやれば、2,000番以内に入れる」。自己採点できるので、「自分の弱点が、自分で分かる」。それに、本試験問題だから、今年の本番の予想問題にもなる。
───司法試験・予備試験に合格を決める君よ! 本試験前の3か月を、「合格する勉強をする」。四の五の言わない。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
さあ! 今日も行くぞ───。
【成川先生の合格語録】
「君が、日本をよくする!」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
【体験受講について】
   ⇒ [ライブ通学・体験受講
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    司法試験・予備試験の“Zゾーン受験生” = “絶対に合格しない考えや方法”を固守している人間だ。

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! わしは、この数年、全国各地を…

  2. 総論

    【講座580】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「不安で、不安で・・・」

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  3. 総論

    【講座791】 「受かるには・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【イチ押しの書籍】直前期に、最適! 各科目たった1冊で、全ての短答過去…

  4. 総論

    イケテルままで合格したい!

    法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!がらにもなく、…

  5. 総論

    家庭不和にも、勝つ!憲法理論を利用して!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今年の「正月の…

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

  1. 総論

    こんな律儀な大学教授も、おられる!
  2. プロフェッショナルな勉強法

    受験中は、習い事を一時中断する
  3. 総論

    講座126【新司法試験ブログ】自己責任とは、いうけれど・・・
  4. 総論

    【講座619】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「グッド・モーニング!…
  5. 憲法

    人生・カネだけではない! / 王貞治・元プロ野球選手の言葉(2)
PAGE TOP