2020年 12月

  1. 受かる・土台作り作戦

    技力   相手の時間を消費していることを意識する

      困ったら、パッとしないことに気づいたら、自分とは何かを考えます。そうすると、「自己価値を上げるしかない」との結論に至るはずです。…

  2. 受かる・土台作り作戦

    技力   捨てられる人間にならないこと

      人間は、思い立ったら、実行することが、大事です。通常は、サボります。会社や組織から、おこぼれをもらうことに熱心になります。&…

  3. 受かる・土台作り作戦

    技力   なぜ改善点をメモするのか

      なぜ、改善点をメモするのでしょうか。人間は、必ず間違えます。しかし、大人になれば誰も自分以外の弱点を指摘してくれ…

  4. 受かる・土台作り作戦

    技力   失敗ノートは自分との戦い

      優秀な人になるには、失敗ノートもしくは、改善ノートを作っているかが、決め手です。人間は間違えます。だから自らの過…

  5. 受かる・土台作り作戦

    技力   失敗するのが人間。ミスは無くせばよい

      人から改善について指摘されたときは、どう対応すればよいでしょうか。相手の言葉の中に、あなたがすべきことが隠れていると、思いましょ…

  6. 受かる・土台作り作戦

    技力   改善をトライしても、うまくできなかった事例の捉え方

      採用面接で、過去に改善できなかったエピソードを聞かれることがあります。面接官は、客観的に物事を見ることができるか、その人を見てい…

  7. 受かる・土台作り作戦

    技力   改善主義ではない人は、居場所がなくなる

      私のところに会社の面接の相談をしに来る人がいます。面接に際して、相談者が改善しなければならないのは、どんな点でし…

  8. 受かる・土台作り作戦

    技力   改善主義で行こう!

      技力で、すぐ行えるものは、今日一日生きて、振り返り、改善することです。 例えば会議に遅れてくる人に、時間を守るよ…

  9. 受かる・土台作り作戦

    心力   心力ひとつとっても、しっかり考える

      心力の中でも二つの面があります。感情的な面と、より合理的な面があります。精神性と経済性と、言い換えることができます。&n…

  10. 受かる・土台作り作戦

    心力   合理主義とは、分数である

      人間社会においては、素直で賢いことが必要です。私は、様々な角度から、言葉を研究しています。日常的な言葉を勉強して…

最近の記事

  1. 自然体になろう
  2. 自然へは、いつ行ったらいいのか
  3. 「スマホ脳」に、なってはいけない
  4. 自然は、身近なところにある
  5. 本の効果について

アーカイブ

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

PAGE TOP