受かる・土台作り作戦

心力:マイナスのことは、人前で絶対に言わない

 

今日は、「心力」の「プラス思考」についてお話しします。

プラスのことを考えていれば、合格に近づきます。

マイナス思考や心配性の人は、合格するには向いていません。

 

人間、誰だって心配はあります。しかし、その不安をノウハウで克服しているのです。

 

例えば、試験勉強で、「受からなかったら格好悪い」「将来どうしよう」など、マイナスのことばかり思うと、心力が弱くなり、萎えてダメになってしまいます。

 

そこで、私は考えました。「プラス思考」だと。「絶対にマイナスのことを言わない」と。

マイナスのことを、人前で絶対に言わなければ、物事は必ずうまくいきます。強気でいると、脳が活性化するからです。

「やるぞ!」という気持ちになります。

 

だから、人前では絶対に言わないこと。家族の前でもです。

弱音を吐くのは、周りに自分しかいないときだけにしましょう。そうすれば、必ずうまくいきます。

 

私も、マイナスのことを人に言いません。“ガッ”と声を出して「バチーッ」と、いきます。

だから、周囲も協力してくれるのです。

行け!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

体力:どうしたら、自己価値を上げることが、できるか前のページ

予備試験・司法試験8月中旬実施予定次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    考力   分かっている人に、質問をした方が得

      私が20代の頃、いろいろな人にたくさんの質問をしました。…

  2. 受かる・土台作り作戦

    心力   病気になっても仕事はある

      新型コロナ・ウイルスで、外出もままならず、…

  3. 受かる・土台作り作戦

    考力 本について

      先日、「本を読んで習得することは、人間力の『体力』『心力』…

  4. 受かる・土台作り作戦

    心力   志とは、社会と自分との関係をいう

      志は人それぞれです。これだ、という決まった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP