2019年 12月

  1. 憲法

    営業の自由・消極目的規制・積極目的規制の解答

     (1)営業の自由とは、国民が選択した職業を遂行する自由をいう。(注)22条1項の職業選択の自由に、含まれる。(2)消極目的規制とは、自由国…

  2. 憲法

    営業の自由・消極目的規制・積極目的規制

     次の用語を、定義せよ。(1)営業の自由(2)消極目的規制(3)積極目的規制【注】(1)司法試験は、「日本語と定義」を君が習得で…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    「資本主義の暴走」を横に見て、合格を速める

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉強法” No.22をどうぞ!週半日の休みに、少し社会環境に目を向けてみた。自然破壊・地…

  4. 総論

    行政法が、なんだ!一発、かませば、突破できます!

     ・以前から、早朝、各地の受験生と、憲法・合格術などを一緒に勉強しています。最近では、多くの方から「分かりづらい行政法を学びたい」との要望が、増えていま…

  5. 総論

    「この地球での、生きとし生けるもの」正月の叫び

     1.こんにちは。スクール東京の成川豊彦です。令和元年も、暮れようとしています。2.平成は、日本国の停滞の時代でした。その間、地球環境の激しい変…

  6. 憲法

    内閣総理大臣の解答

     (1)誤っている。「内閣総理大臣は、内閣の首長であり、国務大臣でもある」。(2)実質的理由(根拠)内閣とは、行政権の主体であり、国務大臣による…

  7. 憲法

    内閣総理大臣

     「内閣総理大臣は、内閣の首長であって、国務大臣ではない」(1)正しいか、誤っているか。(2)その実質的理由(根拠)は、何か。(3)その形式…

  8. 憲法

    憲法95条の「特別法」の解答

     (1)特別法の抽象的要件 ① 地方公共団体の本質に、かかわるものである。 ② 特定の地方公共団体に不平等・不利益な負担を課すものである。…

  9. 憲法

    憲法95条の「特別法」

     憲法95条の「特別法」といわれるための抽象的要件と具体的要件を羅列して述べよ。【注】(1)ある論点を、やみくもに理解しようとしてはいけない…

  10. プロフェッショナルな勉強法

    闇雲に“短期合格”を目指さない

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉強法” No.21をどうぞ!刻々と本試験の日が近づいてくる。気が走り、心は乱れるが・・…

最近の記事

  1. ガツン  生きるプロが、受験のプロ
  2. ガツン  自分を大切にするとは、どういうことか
  3. 令和2年司法試験・予備試験 受験料返還 7月10日までとなり…
  4. ガツン  合格者も怠け者
  5. ガツン  試験に受からないことは、おかしい

アーカイブ

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

PAGE TOP