プロフェッショナルな勉強法

11/03更新【講座1407】実質競争率は、2倍である。 – プロフェッショナルな勉強法No.1

【本日開催の講座】
合格者による必勝勉強法ゼミ2013
● ライブ : 2013年11月3日(日)※2時間(1回完結)
  <短答編>14:00~15:00
  <論文編>15:10~16:10
● wma音声通信 : 2013年11月11日(月)発送開始
平成25年(2013年)司法試験の合格者が、勉強法を伝授します!


「司法試験は、日本一難しい試験」「予備試験の合格率は、低すぎる」と聞くと、思わずビビッてしまう。
どうすれば、よいか。
× スべる人>
(1)表面上の競争率に惑わされ、エントリーをためらったり、勉強に身が入らなかったりする。
(2)不合格になる理由を、「合格率が、低いから」と言い逃れする。
受かる人>
(1)実質的な競争率を知っているので、あたふたしない。
(2)「コツコツ勉強すれば、必ず合格にたどりつく」と信じている。(実際、その通りである)。
(3)「他の人のことは関係ない。自分が合格するか、不合格になるか、2つに1つだ!」と開き直っている。
<合格ポイント>
(1)合格するのは、一般的に「司法試験では、100人中20人」「予備試験では100人中4人」といわれている。しかし、これは、ただの形式的な数字である。その実態を分析して、「実質的な競争率」を知ろう。
(2)司法試験の場合(単位:人)
  20100「形式的な競争率」
2020(初学者) + 40(ベテラン) + (2020)(合格可能者)
20(A) / 20(合格可能者B) + 20(合格可能者A)
12「実質的な競争率」
   ① 100人のうち20人は初学者、つまり実質的な勉強が1年前後のビギナーだ。司法試験の場合、ロースクールであまり受験勉強していなければ、卒業後1年目で合格することは、ほとんどない。この20人は、今年の合格に関しては、除外して考えてもよい。
   ② 残り80人のうち40人は、ベテラン受験生である。基礎学力が合格ラインに達していないため、何度も落ち続けている人たちだ。これも、除外してよい。
   ③ すると、表面的には合格者が「100人中20人」だったものが、実質的には「40人中20人」の競争であることが分かる。この40人は全員、合格する実力がある。今年、受かるかどうかは、“合格の神様”のみが知るところである。合格可能者20人(A)が、運良く受かった。運悪く落ちた合格可能者20人(B)も、来年以降、ほぼ合格できる。予備試験合格者は、A・Bに入る。
   ④ 初学者は、一定期間が経ったら、すぐ合格可能者層に入る。決してベテラン層に入っては、いけない。
(3)予備試験の場合(単位:人)
  4100「形式的な競争率」
432(初学者) + 60(ベテラン) + (44)(合格可能者)
4(A) / 44
12「実質的な競争率」
   ① 100人のうち32人は初学者、つまり実質的な勉強期間が1年前後のビギナーだ。予備試験の場合、勉強期間が1年前後で合格することは、ほどんどない。この32人は、今年の合格に関しては、除外して考えてもよい。
   ② 残り68人のうち60人は、ベテラン受験生である。ここで「ベテラン」というのは、「時間ばかりかけて」という意味である。基礎学力がとても合格ラインに達していないので、何年・何度も落ち続けている人たちだ。これも、除外してよい。
   ③ すると、表面的には合格者が「100人中4人」だったものが、実質的には「8人中4人」の競争であることが分かる。この8人は、今年、合格する実力がある。今年、受かるかどうかは、“合格の神様”のみが知るところである。合格可能者4人(A)が、運良く受かった。運悪く落ちた合格可能者4人(B)も、来年以降、ほぼ合格できる。
   ④ 初学者は、一定期間が経ったら、すぐ合格可能者層に入る。決して、ベテラン層に入っては、いけない。
<裏テク>
“主観的な競争率”の方は、いたってシンプルだ。「自分が受かるか、落ちるか」「勝つか、負けるか」「生きるか、死ぬか」と考えれば、予備試験・司法試験の競争率は、やはり2倍なのである。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【家族からのレター】
Q:ロー・スクールを卒業して、1年目になる妻がいる者です。主婦受験生の妻は、もともと甘いものが大好きでしたが、去年の秋くらいから体重がとみに増えて太ってきてしまいました。ストレスが原因で、甘いものを食べないといられないとかいっておりました。このままですと、妻の健康が心配です。(大阪府CKさんの夫)。
A:体重が増えるのは、食と排泄のバランスを欠くからです。奥様は一日じゅう、甘いものを食べておられませんか。胃が働き続けると、排泄を促す神経が働きにくくなることがあります。食事は決まった時間に取るようにしましょう。とくに、夜中の摂食は、肥満の原因です。避けるように言ってください。どうしても甘いものが食べたければ、果物を食事後、よく噛んで食べるようにアドバイスを―。
【成川先生の合格語録】
「“実”を取り、“形”を捨てる!」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    “早いこと”は、感動を呼ぶ

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 2014年8月16日(土)ま…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    大病が治りかけても、受験仲間に一切、話さない!

     今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    性欲が収まらないとき、「自分も人」と寛容になる!

     今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No…

  4. プロフェッショナルな勉強法

    講座を受けることで、満足しない!!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP