憲法

何通りもの解答

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 昨日は、サッカー・ワールド・カップの日本チームのスタミナ不足を述べた。スタミナをつけ、保つためには ① 十分な睡眠をとる。 ② 自然な玄米・野菜を食べる、ことを勧めたい。司法試験・予備試験でも、直前期で焦ったり、本試験場で息切れしないように、今から対策を立てておいてください。その際、体力と知力に基づいたスタミナを保持することを日常生活の中で実行してほしい。
では、昨日の答えを出します。
【解答】
× 誤っている。
(1)「衆議院の解散の効力をめぐる争いは,本来,内閣と衆議院という両政治部門間の争い」であると,いえる。この部分は,正しい。
(解法1)
「議員歳費請求のように前提問題として解散の効力を争う場合」の請求は, 当事者間の具体的な権利の存否を争うもので,法律上の争訟といえる。司法権の概念 にあたるため,「実質は機関訴訟と」いえない。誤りである。
(注)議員の歳費請求は,実質的当事者訴訟で争われる。
(解法2)
「機関訴訟」(行政事件訴訟法6条)とは,国又は公共団体の機関相互間 における権限の存否又はその行使に関する紛争についての訴訟をいう。客観訴訟であり,司法権の概念にあたらない。しかし,司法権の帰属が認められる。機関訴訟は,法律が定める場合で,法律が定める者が訴えられる。肢の衆議院解散の効力の争いについては,法律がなく,裁判所は介入できないため,「機関訴訟」とは,いえない。
(解法3)
「議員歳費請求」訴訟の「前提問題として解散の効力を争う場合であっても」高度に政治的な問題(統治行為)であるため,「裁判所は,原則として~」「統 治部門の自律的解決を尊重すべき」にとどまらず,絶対的尊重が要求される。「原則 として~」とするのが,誤りである。司法権の限界について,述べている。
(解法4)
判例も,「実質は機関訴訟」であることや,また「原則として~」などと言及をしていない。判例の趣旨に,添わない。
(注)〔プ-5-ア〕〔プ-5-ウ〕〔司22-18-ウ〕〔司24-17-イ〕と,同じ。
【注】
(1)今年、平成26年(2014年)予備試験(短答・憲法)第11問ウについての解答である。試験委員のハッキリした題意がつかめなかったことは、残念である。
(2)しかし、解答アプローチは各種あってもいいと思う。あなたは、「これだ!」と考えるものを、つかめばいい。
(3)この問題を始め、全科目について、全肢を慎重に検討してください。そうすることで、「短答」の成績が抜群になる。さらに、「論文」の題意を把握するのに、一番、有効な対策になる。「短答を論文的に、解く!」ことこそが、“合格の奥義”である。
(4)君が合格するために、極大なサポートをする本が出た。2014年7月1日(火)より発売になった「平成26年(2014年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集(スクール東京出版)」である。この1冊を習得すれば、今年の問題は100%コントロールしたことになる。解説は分かりやすく、読めるように、わしも作成委員のみなさんも、全力を尽くした。通読してもらえれば、「よく、理解できる!」と言われるものと信じる。

――――――――――――――――――
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 早いうちに、過去問をフォローすると、後の勉強が、“超・楽”になる。上位合格者や確実合格者は、すでに初動を終わり、走り出している。
君も、負けるナ! さあ! 今日も“ビシッ”“ビシッ”と“速勉”したい。いくぞ! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「世の中、速い者が勝つようになっている!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:娘が、司法試験の勉強をしています。短答式は、通りましたが、論文式で、“あと1点”のところで不合格でした。3回目の受験でした。「次の挑戦で、必ず合格する」ことを目標にしていただけに、本人は相当、ショックだったようです。今は、勉強に集中できず、友人と外に出かけていることが多いです(北海道・RIさんの母)。
A:僅差で不合格になった人は、“来年は、余裕で通る”という、慢心が生まれやすいです。自分は、受験生の最上位層にいるから、というわけです。しかし、1年後には、“新たな2,000人”が急成長して下から追い上げてきます。それに気づかないと “あと1点で合格できた”という人は、次の年も同じような順位で滑ります。だから、この夏場に、グッと気を引き締め、“一日一生”で勉強しましょう。「成川式」合格シリーズの「合格!夏場に、勉強の勝負を決める」DVD(税・送料込1,000円)が、おすすめです。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    【講座1200】 設問 – わしなら、こう解く – 「今年、受かる人、来年、…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! この時期は、2種類の受験生が…

  2. 憲法

    【講座753】 設問 – わしなら、こう解く – 面白い一日を

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  3. 憲法

    【講座1146】 講座1145の解答 – わしなら、こう解く – 「実務での…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 実務の社会において、「権利」…

  4. 憲法

    【講座719】 講座718の解答 – 「わしなら、こう解く」 – 君は、半太…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  5. 憲法

    講座102【新司法試験ブログ】講座101の解答

    (1)違憲主張の適格性が認められる場合。   1. 憲法上の権利・…

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

  1. 憲法

    【講座481】 講座480の解答 – 新司法試験・予備試験の合格を決…
  2. 民法

    民法No.79[事例式演習]問題編/リンカーンの言葉(1)
  3. 総論

    受験界の「理由なき反抗」
  4. 民法

    消費貸借・使用貸借・賃貸借/黒澤明の言葉(2)
  5. 刑法

    文書偽造/カール大帝の言葉(1)
PAGE TOP