憲法

用語の定義の解答

(1)国民主権とは、国政についての最高の決定権をもつ者は、国民であるという主権在民の原理をいう。

「国民主権」は、民主主義を内実にしている。新司法試験の論文答案に表現していいものである。

(2)二重の基準論とは、表現の自由を中心とする精神的自由は、経済的自由よりも優越的を占め、精神的自由を規制する立法の合憲性は、経済的自由よりも厳しい基準によって審査する考え方をいう。

「表現の自由を中心とする」という文言は、場合によっては、省略してもよい。

【注】
(1)試験は、ある意味では「勝ち負けを決める決闘である」。勝負ごとは、あいまいだと、必ず負ける。
(2)「一日一生」。やりまくれ!そして、勝つ!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【2018年10月19日(金)発売!】
「悪文・乱文から卒業する 正しい日本語の書き方」が、Discover21様から発売となります!増補改訂で、更に使いやすくなりました!https://amzn.to/2E377oF

用語の定義前のページ

最も重要なテクニカル・ターム次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    内閣総理大臣

     「内閣総理大臣は、内閣の首長であって、国務大臣ではない」…

  2. 憲法

    【講座810】 講座809の解答 – わしなら、こう解く – 「人前でやるも…

    【「書籍」フェア(半額・20%OFF)のお知らせ】直前期!受験生応…

  3. 憲法

    【講座607】 講座606の解答 – 「わしなら、こう解く」 – ついに出た…

    新時代の新司法試験・合格本が出た! これで「短答」「論文」が同時攻略で…

  4. 憲法

    会議公開の原則/チャップリンの言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!プラス思考をも…

  5. 憲法

    平成18年 論文・憲法の解答

     (1)「消極的表現の自由」とは、国民が国家から強制されないで…

  6. 憲法

    【講座347】 設問

    新司法試験の若い受験生が時間の無駄をしないように―とわしは、常々、気を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和4年(2022年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 (スク短) アマゾンにて発売開始!

ペイパル新規登録キャンペーン

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP