プロフェッショナルな勉強法

本試験会場での不正は、割が合わない!


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.173”を、どうぞ。
▼「本試験会場での不正は、割が合わない」。
 センター試験や資格試験で、毎年、カンニング事件が起こる。「いい点を取り、合格したい」という気持ちには、代償が大きすぎるが・・・。
  <×:スベる人>
(1)試験中にスマートフォンで、テキストの画像を見る。
(2)計算科目では、禁止されている電卓を使う。
(3)定規やマーカーなどが使えない場合でも、無視する。
(4)隠しているサブノート(ストック)を、見る。
(5)左右の受験生の答案を、盗み見る。
(6)試験終了後、マークシートを修正する。
(7)スマートフォン・アイパッドなどの電話・メール・チャット機能で、外部との通信をする。
  <〇:受かる人>
(1)本試験場では、禁止されている不正行為は、一切しない。
(2)正々堂々とした態度で、試験問題にぶち当たる。
(3)その態度を、“合格の神様”が見ていて、勝利へと導いてくれる。
  <合格ポイント>
(1)不正行為とみなされたものは、すべて無効になる。受験は、一から出直しである。
(2)ビクビクしながら、カンニングをしたところで、ストレスが溜まるだけ。それに、たいして点数は伸びない。もちろん、合格には届かない。
(3)お粗末行為の答案上の効果が「+(プラス)1」とすると、その後の影響は「-(マイナス)1,000」。いいことは、皆無である。
  <裏技>
(1)それでもカンニングをしたい人は、受験を止めて“マジシャン”にでもなる。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「やる前に、『不正と無に帰する努力』の単純な比較衝量を!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    「受験前に合格は決まっている」って、ホントでしょうか?

     今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.29…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    勉強と勉強の間は、15分・30分・60分単位で休憩する

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    講師・予備校スタッフに依存しない!!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP