プロフェッショナルな勉強法

ブログ・SNS等は原則利用しない。特に有用なものがあった場合、3~5分見てもよい!


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.176”を、どうぞ。
▼「ブログ・SNS等は原則利用しない。特に有用なものがあった場合、3~5分見てもよい!」。
 このところ、IT関連のブログやSNS(ツイッター・フェイスブック・インスタグラム)などの利用者がめざましく増大している。受験生としては、どのように対処していいのだろうか・・・。
(注)ブログ・SNSやその関連を総称して、ここでは「SNS等」と呼ぶ。
  <×:スベる人>
(1)ブログを読みまくり、自分で書くことも多い。
(2)受験に関するSNS等を、朝・昼・晩の3回以上乱読する。時々、自分からも参加して、楽しんでいる。
(3)ネット・サーフィンやテレビ・ゲームにも興じることがたびたび。
(4)SNS等に1日、10分以上も費やす。ひどい日は、2~3時間を越えることも。
  <〇:受かる人>
(1)受験情報に関連するものだけを、見ることがある。
(2)所要時間は、1日に3分程度にしている。
(3)SNS等に気を取られる暇があったら、「短答」の1問でも解く。「論文」の当局発表「試験委員コメント集」等の1行でも読むことにしている。
  <合格ポイント>
(1)SNS等では、受験情報に直接関係するサイトはほとんどない。つまり、本試験での「1点↑・1秒↓」のノウハウ・知識はないのが、現状だ。例外的に、合格に関して間接的に関連するサイトの中に、有意義なものが、極々まれにある。
(2)その少ない「1点↑・1秒↓」に関するサイトだけを選択して利用する。
(3)中には「書きなぐりのもの」「私生活ごとで、公表すべきでないもの」など、俗悪なサイトや文章が多々見られる。いわば“ITジャンク”である。この種のものを読むと、“不合格オーラ”が脳と体全体に降りかかり、連敗を続ける原因になる。
(4)サイトを読むだけで、目が疲れるので、注意する。後で、遠くを見るようにしたい。
  <裏技>
(1)「成川豊彦の司法試験・予備試験ブログ」「成川日記」「成川のツイッター」を、1回だけ見る。それが、本試験での「1点↑・1秒↓」」に役立つと思ったら、毎日読んでもいい。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「ジャンクSNSを1分見る暇があったら、短答を1問解く!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    ピント・スピードの力を、磨く!!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    オリジナル文房具を、考案する!

     今週も、また日曜日が来た。“プ…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    出来る受験生は、朝5時からスタート

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 日曜日が、やって来た。このブ…

  4. プロフェッショナルな勉強法

    人間みんな、いつでもどこでも、敗者復活!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今日は、日曜日だ。“プロフェ…

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

  1. 総論

    受験生の中に、花粉症・アトピーが急増してきた!!
  2. 憲法

    【講座992】 講座991の解答 – わしなら、こう解く ̵…
  3. 憲法

    【講座914】 設問 – わしなら、こう解く – 「今年…
  4. 総論

    エッ!文章がうまくなったね!
  5. 商法

    商法テストNo.4[問題編]/山口茜の言葉(1)
PAGE TOP