総論

10/08更新【講座1381】「くやしい、くやしい・・・!」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

【まもなく開催の答練】
短答 過去問 アレンジ答練 平成26年版
● ライブ : 2013年10月10日~2014年4月3日
● 通信 : 2013年10月24日~2014年4月17日
<対象者>
● 本試験のレベルの問題で、短答対策をしたい人。
● 短答と論文の対策を、同時にしたい人。
● 知識の理解を確認しながら、普段の勉強を進めたい人。
<ここがポイント>
本試験の短答式の問題をアレンジした問題を解くことによって、現段階の実力を把握し、来年合格の戦略を明確化できます。受講生には、「短答を、論文的に解く」オリジナル解説集を配布します。


司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! ある晴れた日の昼下がり。「スクール東京」に通学しているA子さん(29)が、「先生、新宿まで一緒に散歩しませんか」という。仕事が一段落したので、わしは「いいよ」と返事。2人で、ゆっくり新宿御苑の横道を歩き出した。もう、秋のにおいが濃くなってきた。草木や樹木が、大人っぽく青づいている。ところどころ、赤くなってきた葉もチラホラ。空が、遠くなってきた。
5分ぐらい、歩いたところで、彼女は“ポツリ”と言う。「先生、くやしいです」。今年、数点足らずで、司法試験に落ちたのです。「私が、スクール東京に紹介したB子さんを知っていますか」。わしは、ハッキリ覚えていなかったので、あいまいに返事をした。
「彼女、受かりましたよね。同じロースクールに通っていましたが、男にチャラチャラして、ほとんど勉強していなかった。それなのに、上位合格したというのです」「答練でも、私よりかなり点数は、低かったのに・・・」「先生、私は悔しい」。彼女は子どものように、自分の感情を毎回もストレートに言葉にした。こういうとき、わしは黙っていることにしている。そして、少し時間が経ってから、話し出す。
「君の友人は、ロースクールや予備校ではなく、誰も見ていないところで、勉強していたのでしょう。それに、今年の短答と論文の問題には、ピントが合ったのでは・・・」。彼女は、認めたくないという気持ちで、聞いていた。わしは、諭すように続けた。「他人のことは、たいしたことはない。問題は今後、君が試験の問題文に焦点を合わせて、解くことができるかどうかということです。ピントを合わせて、来年は必ず合格しよう!」と元気づけた。
A子さんよ! “パッ”としない自分をあまり、いじめない。「失敗は、失敗。来年、合格すればいいだけ」。人のことや、雑事に気を取られるより、「1問でも短答を解く」「1行でも試験委員コメント集を読む」。このことだけが、今の君の状況を救うことになる。人間を続けていると、悔しいことや嫌な思いは、つきものである。ポイントは、マイナスのことを早く忘れて、ものごとをより改善することに、気持ちを向けることである。そうしないと、自分のマイナス点は、いつまで経っても、よくならないから・・・。わしは、A子さんに言った。「君は、合格した彼女のことを、忘れること。今の悔しい気持ちを、来年の1点につなげることです。ピントを合わせる勉強をしてくださいネ」。そんな会話をしているうちに、2人は新宿駅に着いた。「先生、分かりました。ありがとうございます」と言って彼女は、中央線に乗った。わしは、引き返し、四谷に向かった。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 悔しさや無念を、乗り越える。「答えは、自分」と悟り、「やられたら、やり返す」。もう司法試験まで、218日。予備試験・短答式試験まで222日しかない(司法試験・予備試験までのカウントダウンより)。悔しさは、努力でしか消すことはできない。努力・努力・努力・・・である。なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。さあ! 今日もやるぞ! 絶対合格だ!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。体操の世界選手権で男子個人総合を4連覇した、内村航平選手。2016年のリオデジャネイロオリンピックは、もちろんのこと、2020年の東京オリンピックでも輝いてほしい! あなたの1クリックは、わしが“ズバッ”と記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【家族からのレター】
Q:東京のロー・スクールに、息子が通っています。前期の期末試験の結果が芳しくなく、土・日に大手予備校の短答・論文の模試を受け始めました。「随分と頑張り始めたね、成績はどうか。」と聞くと、「択一・論文ともに、思ったように点数が取れない。周りの受験生のレベルが高いのか、相対的な順位も低い。」と申しております。なんとか息子の現状を打開してやる方法は、ありませんでしょうか。
A:息子さんは、前期の期末試験や予備校の模試の点数が気になって、「自分が、勉強を理解出来たかどうか」という視点を、失ってしまっているようです。試験では、まさに勉強の理解が問われます。理解のためには、「復習」を繰り返すことです。「スクール東京」は、「復習」を重視した勉強のシステム(ゼミの冒頭の「ミニ・テスト」など)を取り入れています。それによって、勉強を理解として定着させ、最後には自分で正しく考えられるように、導きます。まずは、お気軽に、「成川豊彦先生へのメール」より、ご連絡ください!
【成川先生の合格語録】
「悔しさは、努力でしか消せない」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座989】 「その日が、やってきた!」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【新刊のお知らせ】 平成25年版「成川式」体系別 司法試験・予備試験 …

  2. 総論

    【講座1023】 「失敗したって・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  3. 総論

    【講座1121】 「車には、両輪がいりますか?!」 – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 論文作成で成功し、合格するた…

  4. 総論

    お盆の叫び! 合格へのドラマが、始まる。君も!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今年も、やってきた。「お盆の…

  5. 総論

    タダで肩こりを直す方法です!!

     ▼予備試験・司法試験や医学部入試など…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP