憲法

まもなく、民法が始まる

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 2014年7月1日(火)に発売された「平成26年(2014年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集(スクール東京出版)」が、大変にご好評いただいている。ありがとうございます。予備試験をメインとした、斬新なページ構成なので、司法試験の受験生はもちろんのこと、予備試験の受験生の皆様にも、お勧めである。売り切れてしまう前に、ぜひ!
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 毎週の水曜・木曜に、この司法試験・予備試験ブログに載せている【設問】【解答】は、今まで、すべてが憲法に関するものであった。全国の読者から「少し難しいが、本質的な論点が多い。ためになります」。合格者からは、「本番でズバリ、同じ問題が出たのには、驚きました」などの感想をいただいている。
一方、要望も寄せられている。「憲法だけではなく、民法・刑法など、他の科目からも出題してほしい」。
そこで、2014年8月から民法を“参加”させることにした。「スクール東京」の専門スタッフや、合格者・研究者の皆さんと検討をしているところだ。ご期待してもらいたい。
では、問題を出します。
【設問】
憲法53条前段に「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる」と規定されている。
しかし、常会(52条)と特別会(54条1項)には、このような規定は、ない。なぜか。
【注】
(1)この問題は、会期制について、憲法の条文を理解していれば、難なくできます。もし、できなければ「自分は、条文を暗記しているだけだ。もっと、理解しなければ・・・」と発奮してほしい。
(2)今週の出題は、このブログを見ている兵庫のAさんからいただいた質問に基づいて作った。この種の質問ができるということは、日ごろコツコツ勉強している証である。
(3)Aさんは、地元企業で営業をしている。「朝から晩まで、得意先回りをしているが、自分の価値が上がっているとは思えない。給与も、低い。世の中は、頭を使った人が社会や組織の上層部に登り、経済的にも裕福になっている。頭を強くしなければ、いつまで経っても、うだつが上がらない。自分も、司法試験に合格して、地元で“A総合法律事務所”を開きたい」と願う。彼は、朝8時から夜9時までの勤務。毎日、疲れるが「“諦めたら、終わり”と思っています。成川先生は、自分と同じ目線で、このブログを書いていただいているので、勇気をもらえます」とコメントを寄せた。

――――――――――――――――――
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 20代・30代は“アッ”という間に過ぎ去る。自己価値を上げないと、“パッ”としない人生で終わる。社会貢献もできないし、小リッチにもなれない。この司法試験・予備試験は、頭を使えば、すぐ合格する仕組みになっている。君は、コツコツやることだ。集中力をつけたい時や、合格ノウハウを知りたかったら、「成川合格塾」へ。まずは、「成川式」合格シリーズの最新作、「合格!“仕事・バイト”と“勉強”を両立させて、受かる秘策」DVD(税・送料込み各1,000円)を見るのも、お勧めである。わしも、自分の仕事・研究をコツコツやっている。「365日Anytimeだ」。
さあ、今日も“スコ――ン”と“爆勉”しよう! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「コツコツ型は、必ず合格する!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:娘(24歳)が、司法試験の受験をしています。日常生活で失敗が多く、困っています。部屋のクーラーを付けっぱなしで出かける、玄関の鍵を閉め忘れる、家の傘を持ち出して返さない・・・などたくさんあります。しかも、注意すると「うるさいなあ」「別に、忘れても問題はなかったじゃない」と聞きません(千葉県・HMさんの母)。
A:家族に迷惑をかけて、知らんぷりするのは、“社会常識がない”ということです。勉強する以前の問題です。“社会常識”には、自分の行動が周りに与える影響を考えたり、相手の気持ちを察することが含まれます。学校教育だけでは、身に付けられないことも。私は、自分のところに来る学生に、日々それらをトレーニングしています。娘さんも、ぜひ「成川合格塾」へ。1週間に1回、1ヶ月に4回ほど、訓練を受ければ、十分でしょう。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 憲法

    【講座180】 講座179の解答

    14条1項(法の下の平等)の具体的な条文 ① 14条2…

  2. 憲法

    【講座1132】 講座1131の解答 – わしなら、こう解く – 「君のこと…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 大雪や大雨など、天候が悪けれ…

  3. 憲法

    2017年・司法試験予備試験の共通の問題(憲法No.270)/ジャンヌ・ダルクの言葉(2)

    法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!この人生、この受験…

  4. 憲法

    司法試験の合格者が学んだ「体系別」

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 年内は、自分の弱点や苦手部分…

  5. 憲法

    憲法第9条の解釈/白洲次郎の言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今日から師走、…

  6. 憲法

    【講座956】 設問 – わしなら、こう解く – 「君は、今、何番ぐらいか?…

    【お盆に他の受験生と差をつける!】 8月12日~20日 7科目「短答」…

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  1. 総論

    【講座518】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 合格・不合格にかかわら…
  2. プロフェッショナルな勉強法

    勉強していない人ほど、風邪を引く
  3. 総論

    【講座1002】 「それが、どうした・・・」 – 司法試験・予備試験…
  4. 民事実務基礎

    民事実務基礎No.1定義テスト[問題編]/伊藤博文の言葉(1)
  5. 総論

    合格・不合格と短期との関係
PAGE TOP