民法

履行補助者の故意過失

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 12月の「名古屋ゼミ」は、28日(日)に決まった。2014年12月28日(日)に、司法試験・予備試験「名古屋ゼミ」~憲法・民法短答対策~(2014年12月14日までは早期申込特価)で、わしと“爆勉”しよう! お気軽に、お問い合わせください。<メール>メールフォームからのお問い合わせ <フリーアクセス>0120-910-338(月曜~日曜/9:30~18:30)
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! どうせ勉強するなら、楽しくやる。その結果として、合格する。そのために、この言葉。
「プラス思考をもって、自己価値を上げると、この世が、いとおしくなる」。
まず、自分から前向きな気持ちになると、すべてが好転する兆しを見せる。もちろん、合格も・・・。要は、“心のもち方”なのだ。
では、昨日の答えを示します。
【解答】民法No.10
いわゆる「履行補助者の故意過失」の理論的根拠
債務不履行責任(415条)の趣旨は、損害の公平な分担である。他人(履行補助者)を利用して債務を履行する者は、活動範囲を拡大し、利益を得る。
そのため、履行補助者の故意過失によって損害が生じたのであれば、履行補助者の故意過失を、債務者自身の故意過失と、信義則(1条2項)上同視し、債務者に責任を負担させることが公平である。
したがって、債務者が債務不履行責任を負う。
【注】
(1)「公平」という概念は、民法の問題を解決するときによく用いる。ただし、単に「公平である」と述べるだけでは、抽象的で不十分である。「いかなる点で公平なのか」を特定することが重要である。
(2)415条の趣旨から解決する問題は、【設問】民法No.2で出題している(【設問の要約と解答例】民法No.2)。論点自体は、今回と異なるが、理由付けの構造は同じである。
(3)履行補助者の利用及び債務者の責任の負担については、当事者間の契約によって定まる場合もある。この場合、個別的・具体的な契約の解釈が必要となる。契約の解釈の際にも、「公平」が指針となろう。
【民法の道標】No.4
民法の短答過去問演習は、順調に進んでいるであろうか。「まだ全然進んでいないよ・・・」という人は、例えば「午前中に30問やる」「今日は抵当権を集中してやる」などと目標を具体的に決め、コンスタントに進めよう。
焦らずに、自分の苦手な分野や問題を把握しながら進めることが大切だ。
一方、「もう一通り終わった」「何度も回した」という人もいるだろう。その人は、自分の弱点をピンポイントで特定して、克服に努めてほしい。この場合も、やはり過去問が重要なツールとなる。
ただ、手持ちの過去問集だと、弱点発見のツールとしては問題点がある。既に使い込まれ、手に馴染んでいるために、答えを覚えてしまっていることが多い。
そのため、暗記のみで答えることができ、せっかくの弱点発見のための問題演習の機会が、単なる機械的作業になってしまう恐れがあるのだ。また、書き込みやマーカーなどで加工している場合、新鮮味に欠けることもあろう。
過去問集を繰り返し用いることで、自分だけのツールにしていくことは非常に大切である。しかし一方で、緊張感を持って取り組むには、以上述べた問題点があるのだ。
これらの問題点を解決するために、「短答 過去問 アレンジ答練」が非常に役に立つ。本試験と同様の形式の上、問題の肢を入れ替えて出題されるので、新鮮な気持ちで演習できる。
また、今まで間違えたことがなく、理解していたつもりの問題が、実は理解できていなかったことが発見できるなど、弱点発見のための強力なツールにもなる。
「単に肢を入れ替えただけでしょ」「もう過去問はいいから、新作問題をやりたい」と考えている人にこそ、「短答 過去問 アレンジ答練」を勧めたい。
「やったはず、できるはず」の過去問が、まるで新作問題のような様相で目の前に現れ、意外と苦戦するものだ。しかし、この苦戦した経験によって、実力は確かなものになる。
短答 過去問 アレンジ答練」の受講コースは豊富に用意されており、各人の都合や進度に合わせ、フレキシブルなコース選択が可能だ。ぜひ受講を検討してみてはいかがであろうか。

――――――――――――――――――
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 福岡のA君、島根のBさん、香川のC君・・・。朝、起きて、晩、寝るまでを君の人生とみなして、勉強してください。自分の人生は、今日しかないと考える。“一日一生”である。そうすると、力が湧いてくる。些細なことや大きなトラブルにも、「向って行こう」と前向きになる。
さあ! 今日も“バシッ”と“爆勉”しよう! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「全国の受験生のみなさん。実は、この人生、今日しかないのである! ガンバレ!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:息子が、都内の法科大学院の未修コース3年生です。成績は、中の下くらい。先日、司法試験の受験願書を出しました。しかし、「まだ、短答も論文も、過去問を全部検討できてない・・・」と不安がっています(東京都・JWさんの母)。
A:彼は、卒業1年目で合格できるよう、頑張ってください。ところで、今の時期から、「短答や論文の過去問を全部検討する」となると、消化不良になり、本試験で使える武器にはなりません。わずかでもいいので、「検討できた過去問」の理解を深めることが重要です。そして、余裕があれば、関連する問題へと、広げていく。“網羅主義”ではなく、“重点主義”の発想を、心がけてください。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 民法

    力道山の言葉(1) / 有償寄託契約

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 大好評の「7科目・パーフェク…

  2. 民法

    【事例式演習①】解答編/湯川秀樹の言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!大きな社会的価…

  3. 民法

    有償責任契約と危険負担

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 昨日は、プロ野球の広島東洋カ…

  4. 民法

    【法務省発表】 / やはり、自分との戦いだ / 大鵬幸喜・名横綱の言葉(1)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 昨日、法務省より、「平成28…

  5. 民法

    合格は、当たり前。偉くない。 / 柔道家・鈴木桂治さんの言葉(2)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 合格した後、急に偉ぶる者がい…

  6. 民法

    組合契約/ガリレオの言葉(1)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!学習することは…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP