プロフェッショナルな勉強法

理解できたか不明な時は、10代の学生にも分かる内容にまとまったか、確かめる!

 


今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.239”を、どうぞ。

▼「理解できたか不明な時は、10代の学生にも分かる内容にまとまったか、確かめる」。

 毎日、「何となく」過去問や練習問題を解いている“感じ”がする。自分が、理解しているのかが、不確かである。かといって、客観的な成績把握のために、予備校や大学の模擬試験をたくさん受験するのも、疲れてしまうが・・・。

  <×:スベる人>
(1)短答は、「○か×。根拠は、条文か判例」。論文は答案構成しつつ、「不明点はお茶濁し」。
(2)初見の問題は、問い自体を暗記する。前にやったことのある問題は、解答(結論)の暗記の上塗り。 
(3)「理解しているかどうか」が、完全に無視されている。
(4)「直前期に答練を2~3コース受けて、成績を把握すれば大丈夫」と、思う。

  <〇:受かる人>
(1)短答は「実質的な根拠から説明できるか」、論文の構成は「論理矛盾がないか、もっと効率的な構成にならないか」を、チェックする。
(2)初めて見る問題は、定義や趣旨・原理・原則から、アプローチ。再挑戦する問題は、前と異なる理由付けができないか、悩んでみる。
(3)「理解できたか」を、最終的な目標にする。
(4)答練は、復習のための時間を逆算して、無理のない範囲で受ける。

  <合格ポイント>
(1)勉強をひたすら一人で続けていると、「手抜き」や「独りよがり」になる。結果、当時は分かったつもりでも、1ヶ月もすれば「結局、何だったか」がすっかり頭から抜けてしまう。
(2)そこで、習ったことを10代の学生に教えるつもりで、簡潔にまとめる。10代の学生には、複雑なことは一切通じない。時には、素朴な質問を飛ばしてくる。だから、図を書いたり、簡単なポイントを伝えるなど、工夫がいる。
(4)逆に、そこまで丁寧に説明できれば、「理解できた」とみてよい。その時に、次の問題に進む。

  <裏技>
(1)実際に、年下の妹や弟、親戚の姪や甥、近所の学生に会った時、実験してみる。自分の説明に対して、相手にけげんな顔をされたら、自分が理解できていない証拠。
(注)予備試験では18歳の受験生が合格し、司法試験に20歳~22歳でも最終合格している。受験勉強の内容は、実に、「シンプルそのもの」である。あなたにできないはずは、ない!合格は、年齢に関係しない!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

* * *

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    受験生の基本動作

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今は、動画・テレビが観られる…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    戦い済んで、次

    司法試験・予備試験の受験生のみなさん! 本試験、よく、がんばりましたネ…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    講座を受けることで、満足しない!!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

  1. 総論

    情報戦争に勝つ
  2. 総論

    今日、「お盆の叫び2015!」 / わしは、爆演する!
  3. 総論

    【講座738】 小学校の先生ボクサーもがんばっている!! – 司法試…
  4. 総論

    “無”と“自然”を親友にする!
  5. 憲法

    憲法(司法試験・28年論文本試験問題について)/吉田忠雄の言葉(1)
PAGE TOP