行政法

行政法ドリルNo.20[問題編]

【設問】
A県は,漁港漁場整備法(以下「法」という。)に基づき,漁港管理者としてB漁港を管理している。B漁港の一部には公共空地(以下「本件公共空地」という。)があり,Cは,A県の執行機関であるA県知事から,本件公共空地の一部(以下「本件敷地」という。)につき,1981年8月1日から2014年7月31日までの期間,3年ごとに法第39条第1項による占用許可(以下 「占用許可」とは,同法による占用許可をいう。)を受けてきた。そして,1982年に本件敷地に建物を建築し,現在に至るまでその建物で飲食店を経営している。同飲食店は,本件公共空地の近くにあった魚市場の関係者によって利用されていたが,同魚市場は徐々に縮小され,2012年には廃止されて,関係施設も含め完全に撤去されるに至った。現在Cは,観光客などの一般利用者をターゲットとして飲食店の営業を継続し,2013年には,客層の変化に対応するために店内の内装工事を行っている。他方,A県知事は,魚市場の廃止に伴って,観光客を誘引するために,B漁港その他の県内漁港からの水産物の直売所を本件敷地を含む土地に建設する事業(以下「本件事業」という。)の構想を,2014年の初めに取りまとめた。なお,本件事業は,法第1条にいう 漁港漁場整備事業にも,法第39条第2項にいう特定漁港漁場整備事業にも,該当するものではない。 Cは,これまで受けてきた占用許可に引き続き,2014年8月1日からも占用許可を受ける ために,本件敷地の占用許可の申請をした。しかし,A県知事は,Cに対する占用許可が本件事業の妨げになることに鑑みて,2014年7月10日付けで占用不許可処分(以下「本件不許可処分」 という。)をした。Cは,「Cは長期間継続して占用許可を受けてきたので,本件不許可処分は占用許可を撤回する処分と理解すべきである。」という法律論を主張している。A県の職員Vは行政機関に勤務する者でありながら行政法規に疎く,行政法の入門書を読んでみてもまるっきりチンプンカンプンであり,「Cの野郎,撤回とかなんとか難しい言葉使いやがって。さしずめアイツはインテリだな。」とか思っていた。そのため,Aは,Cがなぜ上記のような法律論を主張しているのか,及び,A県側の法律論は認められるかについて,弁護士Dに質問をした。A県職員Vの質問を受けた弁護士Dの立場に立って,以下の設問に解答しなさい。

〔設問〕 本件不許可処分を,占用許可申請を拒否する処分と理解する法律論と,占用許可の撤回処分と理解する法律論とを比べると,後者の法律論は,Cにとってどのような利点があるために,Cが主張していると考えられるか。行政手続法及び行政事件訴訟法の規定も考慮して答えなさい。

[分析の地図]

S東先生:本問では,Cが置かれた状況を具体的に想像しながら,Cにとって有利な法律論及びその法律論がCにとって有利であることの理由を説明することが求められています。ここでいう「有利」とは,具体的にどのようなことを意味するのでしょうか。

花子さん:Cの目的をより実現しやすい,ということだと考えます。

S東先生:そうですね。そうすると,Cがなぜ本件不許可処分を撤回処分と法律構成することを望むのかを考える必要がありますね。Cの主張する撤回処分という処分は,行政手続法及び行政事件訴訟法に規定がありますか。

花子さん:ありません。

S東先生:その通りです。撤回処分については,行政手続法及び行政事件訴訟法いずれにおいても明文規定が存在しないことを確認しておきましょう。一方で,申請拒否処分については明文規定があります。それにもかかわらず,Cは本件処分を明文規定のない撤回処分として構成することを希望するのはなぜなのか,ということです。すなわち,「撤回処分」に関して明文規定がないこと自体は本問のCにとって不利なことはない,換言すれば解釈論を展開しなくとも法的位置づけを明確でき,しかも申請拒否処分に比してむしろ有利であるいうことですね。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【2018年10月19日(金)発売!】
「悪文・乱文から卒業する 正しい日本語の書き方」が、Discover21様から発売となります!増補改訂で、更に使いやすくなりました!https://amzn.to/2E377oF

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 行政法

    行政法No.5[問題編]/作者不明の言葉(1)

     ・人間は、時と所の主人公である。だか…

  2. 行政法

    行政法ドリルNo.16[解答編]/“合格の神様”の言葉

     【設問➀】ア.法律に定められた租税を行政機関が減免する措置を…

  3. 行政法

    行政法ドリルNo.19[解答編]

     【設問】A市は,景観法(以下「法」という。)に基づく事務…

  4. 行政法

    行政法ドリルNo.4[問題編]

     【設問】次の記述について解答せよ…

  5. 行政法

    行政法ドリルNo.2[解答編]

     【設問】次の記述の正誤を,理由と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

  1. 総論

    【法務省発表】 / 愛妻からの手紙 / 「司法試験・予備試験の合格に向けて、がん…
  2. 総論

    【講座374】 これも、生きる知恵!
  3. 総論

    言葉の力・・・!?
  4. 刑法

    「偽造」と「変造」 / 山本周五郎(小説家)の言葉(1)
  5. 憲法

    選挙権の表裏 / ボルト選手(世界一のランニング走者)の言葉(2)
PAGE TOP