総論

自分に、厳しく!!

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 先日、受験勉強における「自己採点」の有用性について、少しお話をした。「スクール東京」「成川合格塾」や会員制サイト「合格の森」で、受講生のみなさんに学習指導をする際、わしは「自己採点」を強く勧めている、と。その理由は、勉強に対する自律性を育んでもらいたいからであり、受験に臨むにあたって、「自己責任の論理」を全うしていただきたいからだ。指導する立場にあるわしが、受講生のみなさんに問題を出し、採点して返却する。これが通常の方法であり、流れとしてはスムーズなのだが、大きな弊害もある。受講生は、まず、結果の点数や評価に目がいってしまうのだ。受験勉強においては、本試験以外の点数や評価などは、はっきり言って、どうでもよい。もちろん、その結果が良ければ、気分はいいし、学習に対する手応えを得られて安心感もあるだろうが、その場限りのかりそめのものでしかない。受験生にとって意味があるのは、「最終合格」。これだけである。それなのに、答練、模試や演習問題の出来に一喜一憂するなど、はっきり言ってどうでもいいことであり、そんなことに右往左往しているようでは、本物の勉強はできない。大事なことは、出来ではなく、「不出来」の方なのだ。自分が何を、どこで間違ったのか? 自分自身で厳しく検証し、2度と同じ間違いをしないように努める。これが、「自己採点」の本懐であり、「自己責任の論理」を全うことにつながるのである。誰だって、自らの弱点や至らない部分を直視するのは、嫌だ。しかし、「最終合格」は、その先にしかない。なぜなら、自分のミスを直せば、だれだって、受かるから。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! つまりは、自分自身との闘いなのだ。
さあ! 今日も“カク――ン”と行くぞ! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「自分に強い人から、受かって行く!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:息子が、今年、予備試験の短答を受験しました。「短答は、通りそう。論文の試験が始まる前に、息抜きに」と5日間ほど海外へスキューバ・ダイビングに出かけています(千葉県、合格ネーム・JCさんの父母)。
A:彼のような行動を取る受験生は、私の経験上、ほぼ全員、最終合格できていません。いま、この瞬間も、予備試験の論文試験を目指して勉強している受験生が、全国にいます。気持ちの上では、遊びに向かうのと、本試験に向かうのとで、大きく結果が違うでしょう。彼には、帰ってから直ぐに勉強を再開するよう、アドバイスを。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    これからは、だまされるな! / 試験の傾向は、何も変わらなかった!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 本日2015年5月23日(土…

  2. 総論

    01/21更新【講座1486】「他者に、任せていいの?!」 – 司法試験・予備試験の合格…

    【23日(木)締切! 名古屋ライブ開催】成川先生の「中部・必勝合格…

  3. 総論

    【講座873】 戦いを、楽しむ! – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【イチ押しの講座】2012年6月2日(土)スタート! ※初回・無料体験…

  4. 総論

    【講座268】 新しい時代に、新しい本!

    新司法試験の受験界に、いよいよ新しい時代がやってきた。この数年、初期段…

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

  1. 総論

    大企業の社長と話していて、考えさせられた!!
  2. 憲法

    【講座747】 講座746の解答 – 「わしなら、こう解く」 …
  3. 民法

    履行補助者の故意過失
  4. 行政法

    行政法定義テストNo.2[解答編]/世阿弥の言葉(2)
  5. 刑事訴訟法

    刑事訴訟法No.5[問題編]/岡本太郎の言葉(1)
PAGE TOP