受かる・土台作り作戦

グレタさんの国連スピーチについて思うこと

 

今回の「受かる・土台作り作戦」のテーマは、「体力」です。

前回は、皆さんも環境問題について気を付けてほしい、とお話ししました。

スウェーデンの環境活動家で、16歳のグレタ・トゥーンベリさんが、ある日、国連で二酸化炭素の排出目標を批判するスピーチをしました。
“How Dare You!”「よくやるよ」。
「もう地球は滅びようとしているのに、まだまだ『GDPがどうだ』とか、『自分の売り上げはどうだ』とか、言っている始末です。もう、本当に私たちは、許せない」。
みんな、ショックを受けました。

これは、人類が、2極分化していることを意味します。それは、従来の資本主義のような強者と弱者の関係ではありません。前の時代の人と、先の時代の人との間での対立です。つまり、これから生まれる人たちは、現在の資本主義の人たち全体が、敵になります。自分たち若い世代の存続に、関わるからです。
「それで世界平和だとか、よくいうよ」と、いうのが、グレタさんの“How Dare You!”という意味です。

前回、述べた通り、「いずれ人類は滅ぶ」と、私は考えています。必ず滅びます。
でも、滅ぶことが問題ではなく、これからどれくらい長く延命できるかが、問題です。そこに貢献するのが、これからの人ではないでしょうか。「自分たちの会社」「自分たちの学校」「自分たちの資格」だけがよくても、ミクロの話であってマクロとしては、不毛な話だからです。

そういうことですから、皆さんは、心しながら勉強していただきたいと、思います。

 

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

AIと環境問題で滅びる人類前のページ

スピーチに対する批判は、まともな議論・まともな方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    技力  サバンナの掟(弱肉強食)に勝つ  

      インデペンデント(独立)、それでいてプロフ…

  2. 受かる・土台作り作戦

    心力   現実をそのまま受け止めると、物事が流れ出す

      間違えることは、恥ずかしいことではありませ…

  3. 受かる・土台作り作戦

    考力   豊かになるために、質問を 

      質問という行為は、ある意味とても怖いもので…

  4. 受かる・土台作り作戦

    心力:マイナスのことを言うのは、10秒間だけにする

      「人前では、マイナスのことを言わない」ことについて、引き続…

  5. 受かる・土台作り作戦

    ガツン  スロー・ライフは、価値観として楽しむ

      「スロー・ライフ」という、ことばがあります。自然に生き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP