受かる・土台作り作戦

考力   考えない人は、顔を洗っていないのと同じ

 

考えないという人間は、「ヒト科動物」です。人では、ありません。

 

物事の本質をしっかり掴むためには、定義、趣旨(目的)の理解が必要です。

それをやらない人は、顔を洗わずに出かける人と同じです。汚い顔をさらしている。そんな人は、司法試験・予備試験には受かりません。

 

Aというものを予習しろと、指示してもやってこない。言葉の意味を調べていない。ただ来ているだけです。そんなことにならないようにしてください。

 

定義・趣旨の理解とは、1日の始まりに顔を洗うようなものです。起きたばかりの顔では、仕事は出来ません。まず、洗顔というルーティンです。勉強で言えば、この顔を洗う行為が、定義・趣旨の理解です。

 

とにかく、顔を洗ってから勉強をすることが、大事です。

 

           行け!

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    心力   合格が大切なのではなく、受かり方が大切

      前回の記事では、志がないと、どうなるかとい…

  2. 受かる・土台作り作戦

    考力   分かっている人に、質問をした方が得

      私が20代の頃、いろいろな人にたくさんの質問をしました。…

  3. 受かる・土台作り作戦

    ガツン  自我を持つには?  

      自我とは、何でしょうか。それは、自分と…

  4. 受かる・土台作り作戦

    マイナスのことは、人前で絶対に言わない

      今日の「受かる・土台作り作戦」は、「心力」です。今回は…

  5. 受かる・土台作り作戦

    心力:マイナスのことを言わないのは、人を愛するためだから

      今回は、「プラス思考」についてお話しします。今までに、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP