総論

社会通念だけで、予備試験・民法を満点! / 理解中心で、合格へ! / 10/10~ 合格ゼミ・民法(後期)

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! A君は、素晴らしい。30代半ばだろうか。中堅企業の管理職をしている。「スクール東京」の「7科目・パーフェクト合格ゼミ」に通学し、勉強。予備試験の合格を目ざし始めたばかり。今、主要科目に挑戦中だ。論理的な考え方をし、性格も真面目で、礼儀正しい。日本社会にも、まだA君のような青年がいるのだ。わしとは、“予備試験や司法試験のこと”“合格ノウハウの習得方法”から始まって、ビジネスの進め方まで、フランクに意見を交わす。驚いたことに、2人は、よく似た考えをもつ。年齢は、40歳も違うのに、若い人が、ここまで本質を見抜けるとは・・・。理科系の仕事をしているので、わしの好奇心をそそる。よく、車や機械のメカニックや、日本技術の動向などを質問している。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 久しぶりに会った彼が、このほど予備試験を受けたという。仕事が忙しく、勉強時間があまり取れなかったらしい。
●「どうだった」
 「全体的には、今ひとつでした。しかし、民法は、30点満点を取れました」
●「なぜ・・・」
 「専門知識がなかったので、すべて、社会通念で解きました」
●「具体的には」
 「実務なら、どちらを勝たせるべきか。どう考えたら、社会的に公正といえるだろうか、という視点で、解読しました」
●「ほう。一般常識や社会通念に照らして、解答したのだね」
 「そうです。それが、すべて正解でした。もちろん、民法の専門知識など、ほとんどなかったのですが・・・」
●「この調子でやれば、必ず合格するよ」
 「ありがとうございます。基本力と過去問を重視する『スクール東京』で、これからがんばります」
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 世の中のすべてのことは、ベースに一般常識や社会通念がある。その上に、法律が作られる。さらに、法令に基づいて、判決(判例)が出される。「社会通念」→「法令」→「判決(判例)」→「事案」
つまり、「事案」の解決は、「社会通念」に基づく。その途中に、「法令」や「判決(判例)」がある。「社会通念」が、まともでないと、いくら「法令」「判決(判例)」の知識を積み重ねても、意味がない。単なる暗記勉強になってしまう。さきのA君は、「社会通念」が確かだから、「事案」や「法令」、「判決(判例)」、を学べば、司法試験・予備試験に、すぐ受かる。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! このことに関連して、司法試験・予備試験の不合格・中毒症の人は、悲しい。「試験に受からないのは、知識が足りないからだ。だから、別の学説や、新しい判例をもっともっと勉強しなければ・・・」と、ますます細かい領域にまで、手を伸ばし「まくる」。ジャンク資料を、やり「まくる」。ジャンク問を、解き「まくる」。暗記し「まくる」。そして試験では、失敗し「まくる」。
この不合格・中毒患者は、わしが司法試験のセミナー(「スクール東京」の前身)を始めた42年前からも、ゾロゾロいた。そのDNAは、現在の司法試験・予備試験の時代でも、根強く生き残っている。むしろ、受験界の隅々まで、まん延している現状だ。
司法試験・予備試験の合格者の中にも、暗記志向の傾向がみられることが、多々ある。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 夢の中で、ふと思ったことがある。「先進国のドイツの若い人たちは、受験勉強で、暗記し“まくって”いるのだろうか」。いつか、かの国の受験生に、聞いてみたい。
日本の受験生よ! 理解中心の本格的な受験をし、しっかり合格してください。さあ! 今日も、“ドカ―――ン”と“爆勉”しよう。絶対合格!
「スクール東京」では、1週間後の2015年10月10日(土)より、「7科目・パーフェクト合格ゼミ2016」後期(論文対策)の民法が始まる。民事系のプロフェッショナルである佐上武孝先生が、民法の論文対策をビシッと決めてくれる。合格ゼミは、各科目「初回・無料体験受講※要事前予約」ができるので、利用してほしい。
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「社会通念 → 法令 → 判決(判例) → 事案へ」
【家族からのレター】
Q:司法試験を受験中の息子が、います。ロー・スクールを卒業して2年になります。成績が伸び悩み、「勉強が、面白くない」と頻繁にこぼすようになりました(千葉県、合格ネーム・KIさんの母)。
A:勉強に面白さを感じないのは、“暗記型(=とにかく、覚える)”だからです。“理解型(=自分で納得し、人に説明もできる)”だと自然と楽しくなってきます。勉強が楽しくなったら、来年合格できます。「成川合格塾」へいらっしゃれば、もっと具体的に、ノウハウをお教えしますよ。
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。
【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座510】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「考え抜く君」に!

    新司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 君の責任は、重いぞ。今の日本…

  2. 総論

    人生、社会・・・ゆっくり考えてみよう!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!あわただしい毎…

  3. 総論

    だれでも出来る、「短答」50位で最終合格!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今日は、合格に関して、ウソの…

  4. 総論

    勉強が仕上がる途中で、受かる!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!以下は、「フェ…

  5. 総論

    【講座245】 「学問の国」から、カモメがやってきた

    新司法試験を受験する人や、ロースクール生からの相談が、このところ増えて…

  6. 総論

    それぞれの“初夏”を生きる。面白く!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!初夏の気配がす…

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 総論

    【講座370】 これが解答!
  2. プロフェッショナルな勉強法

    合格の必殺極意
  3. 民事訴訟法

    民事訴訟法定義テストNo.2[問題編]/山崎豊子の言葉(1)
  4. 憲法

    【講座634】 設問 – “わしなら、こう解く” – 「…
  5. 憲法

    司法試験・予備試験の最重要論点
PAGE TOP