総論

【講座525】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「流行っている言葉!!」

新司法試験・予備試験の合格を決める君たちと勉強していて、口癖のように言っていることがある。それは、「短答(択一)を論文的に解く」ということ。数年前に、わしが創った言葉である。最近では、受験生の中で広まっている。
ここで、この言葉の意味・意義を述べよう。
① 新司法試験・予備試験の合格に必要な知識は、「短答(択一)」で勉強する程度で十分である。
② 「論文」では、出題文と「短答(択一)」の基礎知識を調整して、解けばよい。そのとき、題意を読みとりながら、問題文の適応部分を抜き出し、個別具体的に論述するのである。
これは、いわば、法的な編集作業である。「短答(択一)」では、基礎知識に基づいて論点を抜き出す(編集する)。
③ 「論文」では、基礎知識に基づいて記述する(編集する)。当局が受験生に対して、法的な素養があるかどうかを択一式で出題するのが「短答式試験」。記述式で出題するのが「論文式試験」である。根本は、法的素養のチェックという点では同じ。
④ したがって、新司法試験・予備試験の「短答(択一)は、3行の「論文」の試験とみなしてよい。だから、「短答(択一)を論文的に解く」ことが求められる。
その際、暗記ではなく、理解に基づいて正解肢を選択すればよい。
時間があれば、短答(択一)の肢の解答を、文章で書くことを勧める。そうすると、基礎知識と編集作業(論点出し、記述)の両方が、レベル・アップする。これは、もう立派な論文試験である。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、新司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
新司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 今日も、コツコツやる。「さあ、行くぞ」───。
【成川先生の合格語録】
「短答(択一)を論文的に解く」
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、新司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
【体験受講について】
   ⇒ [ライブ通学・体験受講
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【法務省発表】 / 【家族からのレター】休載 ⇒ 合理的期間後に、リニューアル!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 昨日、法務省から、予備試験関…

  2. 総論

    『豊源録』-勝ってから斬る-(2/31)

     「自然を味方にする、勉強を!」…

  3. 総論

    自分を上げると、成績もアップ!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!4月1日だ。春…

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 総論

    【講座1224】 「富士山が、“ニコッ”と・・・」 – 司法試験・予…
  2. 憲法

    【講座1103】 設問 – わしなら、こう解く – 「道…
  3. 総論

    【司法試験合格発表】号外
  4. 総論

    02/08更新【講座1504】「今日、勝負する!」 – 司法試験・予…
  5. 総論

    受験時代から、「人生は、本物を探す旅」
PAGE TOP