プロフェッショナルな勉強法

難問で解けないときは、「しょせん、この世は・・・」と開き直る

今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉強法” No.24をどうぞ!

本試験や答練中、どうしても分からない問題にぶち当たった。制限時間が、刻々と迫ってくる。“ウーン”。焦るばかりだ。どうするか。

<×:スべる人>
(1)頭の中が、真っ白。思考が停止する。
(2)「滑ったら、どうしよう」「家族が、暗い顔をするだろうなあ」など、試験に関係のないことばかり、思いめぐらす。

<〇:受かる人>
(1)「こんな難しい問題は、だれも分からないだろう」と、まず“ひと安心”。
(2)すぐ、次のように考える。
「しょせん、この世は男と女」。
「試験委員も、中年の男と女」。
「同じ人間だから、神や鬼のような問題は、出さない」。
「定義と日本語(社会通念)で、解けるはず」。

<合格ポイント>
(1)見たことがない出題や、難しい問題でも、その場で“自分なりの最善の答え”を出す。
(2)その際、暗記した知識ばかりに頼らない。
(3)同じ人間が考えるのだから、それも、常識をもった専門家が作るのだから、「本質的で、素直な問題に違いない」。
(4)初めから「難しい」と思ってしまうと、脳が固くなる。ビビッテ、普段の力が出せない。
(5)「問題文に“かまされない”。試験委員に敬意しながら、問題文を“かます”」。つまり、精神的、心情的には、同位・同格を保つ。そうすると、問題文が易しく見える。

<裏技>
(1)超難しいと思った問題に対して、「出題していただき、ありがとうございます」と感謝する。
(2)これまで、一生懸命に勉強してきた自分を、奮い立たせる。「自分ができなくて、だれができる」。
(3)問題文に向かって、こぶしを握り締め、カツ。
「なめたら、アカンぞ!」

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

 

普通選挙と平等選挙の解答前のページ

統治の論点次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    当初、ラブラブでも、安定志向の男性は、向上心ある女性に捨てられる!

     今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP