受かる・土台作り作戦

ガツン  試験にとって一次情報とは、過去問である  

 

予備試験・司法試験合格の最短ルートは、過去問を徹底的にやることです。

1度、出題された問題の大切さ、きちんとやることの大事さを考えます。

 

これまでに3回受けて、受からないのはおかしいです。特に、5回以上やって受からないのは、勉強方法がおかしいからです。

これが分からない人は、受験を止めるときに、捨て台詞を言って、「自分は、力を出し尽くした」と言って、去って行きます。

「出し尽くした」とは、その程度か、と逆に、私は聞きたいです。

 

大して工夫もしてない人に限って、こんな不愉快な言葉を残していきます。

 

賢く土台づくりをやれば、必ず受かります。

情報に振り回されるのは、邪道です。

「過去問・命」と思って、これからも私たちスクール東京と共に、頑張りましょう。

 

それで行け!

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

ガツン  怠け者から、働き者になる  前のページ

ガツン  合格の前提になる社会通念とは  次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    心力   志を持った生き方が、豊かな人生につながる

      受かった人で、人生の方向が分からない人は、…

  2. 受かる・土台作り作戦

    心力   真面目に鍛錬をした人には、かなわない   

      予備試験・司法試験を何回受けても受からない人は、土台作りを…

  3. 受かる・土台作り作戦

    受かる・土台作りは、まず体力から

     前回までの「受かる・土台作り作戦」では、土台の要…

  4. 受かる・土台作り作戦

    体力   構造的に、心力より体力が先

      体力、心力、考力、技力。全て根っこは、…

  5. 受かる・土台作り作戦

    考力:大きな所から小さな所を見る

       大きな視点からものを見るという点について、もう少しお話し…

  6. 受かる・土台作り作戦

    体力   生活の中に、運動を入れる 

      歩くことは、体力作りにとって大事な要素です。&nbsp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP