受かる・土台作り作戦

東京にはレストランが多い。しかし、ポリシーを持ったお店はあるのだろうか

 

東京はとにかく、食べ物屋が多いです。ところが、本当にお客さん本意、おいしいものを食べさせてくれるようなポリシーを持ったレストランは、ありません。限りなく、ゼロに近いのではないでしょうか。もし、「いや、そんなことはない。ウチの近くに、こんないい店がある」などの情報がありましたら、ぜひご連絡ください。

スクール東京がある新宿区の四谷辺りは、ラーメン屋などの飲食店が多いです。見ていると、次から次へと、オープンします。開店して1ヶ月くらいは、繁盛しています。しかし、3ヶ月目ぐらいから、ダメになります。経営者は、ちょっと目先が変わったことをやればもうかる、と思ってやっているだけです。四谷、高田馬場、新宿でも同じです。最初だけで長続きしません。

 

 すぐに潰れていく理由は、他にもあります。まずは、部屋代が高い点が上げられます。また、人件費が高騰していることも理由です。どこも人手不足で、多くの店がアジア系の人を雇っています。

さらに、メニューがほとんど同じ、ということも長続きしない原因でしょう。

金儲けをしたいだけ、だからです。

 

東京で、食べ物屋として成功したいのなら、誰もがしないことをやればよいのです。例えば、カレー1つでも、具材からこだわって、丁寧につくるなど、考えればいくらでもアイデアは思い浮かびます。餃子一品だけの店があってもいいではないですか。地方には、そういう店もあると聞いたことがあります。

 もう少し、考えてもらいたい。クリエイティブになってほしいものです。

塾業界も、中身に乏しく薄利多売という点では似ています。そういう意味で、スクール東京も十分に自戒すべき点では、あります。

それで行こう!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

よい食べ物とは、どんなものか前のページ

報道に左右されず、最終合格を目指そう!次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    体力   体力と心力はセットで考える

      日々、受験がうまくいかないのは、まず体力が…

  2. 受かる・土台作り作戦

    体力   構造的に、心力より体力が先

      体力、心力、考力、技力。全て根っこは、…

  3. 受かる・土台作り作戦

    ガツン  振り返る行為は、いつやるのか

      「1日の反省は、夜寝る時でいいのでしょうか」と、受講生から…

  4. 受かる・土台作り作戦

    考力:大きな所から小さな所を見る

       大きな視点からものを見るという点について、もう少しお話し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和4年(2022年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 (スク短) アマゾンにて発売開始!

ペイパル新規登録キャンペーン

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP