プロフェッショナルな勉強法

答案構成を終えるころ、「出題の意図は、これだ」と、一言で気づく!


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.142”を、どうぞ。
▼「答案構成を終えるころ、「出題の意図は、これだ」と、一言で気づく」。
論文(記述)試験が、苦手だ。自宅で何度も答案作成をしたり、スクール・予備校で答練を受けている。でも、少しもいい出来、評価につながらない。
  <×:スベる人>
(1)問題文を見ても、「どう書けばいいのか」が、サッパリ。
(2)仕方なく、暗記していた論証を、書き連ねる。題意に少しでも引っかかることを願いながら・・・。
(3)後は、問題文にある言葉を、無理やり挿入して、「お茶を濁す」。
  <〇:受かる人>
(1)問題文に「/(スラッシュ)」印をつけながら、素早く読んでいく。
(2)ポイントになる文字をブルーやピンクのマーカーで、マークする。
(3)途中で、「試験委員の出題趣旨(目的)は、何か」と絶えず考えながら、処理をする。
(4)答案構成を終え、答案を書く前に、「この問題は、ズバリ○○について書け、といっている」。“一言(ひとこと)題意”に、気づく。
  <合格ポイント>
(1)論文(記述)試験は、試験委員が示す、“一言題意”についてピントを合わせて書けばよい。
(2)そのことに気づかずに、ダラダラ駄文を並べても、シャープな答案には、ならない。
(3)スクール・予備校の「過去問答練」や「過去問ゼミ」などを受けて、“試験委員からのメッセージ(題意)”をつかむ訓練をする。
(4)出題者の趣旨・目的からそれると、合格点は、つかない。
  <裏技>
(1)一言題意の処理が分からない人は、【成川合格塾】へ。どんな試験問題でもズバリ、処理方法を教えます。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「全て論文過去問には、『ズバリ一言でいうと・・・』が隠されている!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    「短期合格ではなく、短期不合格である」を知る

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今週も、また…

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  1. 民法

    三浦雄一郎(プロ・スキーヤー)の言葉(1) / 先取特権と法人
  2. 刑法

    親指の切断について(刑法34)/倉田卓次(元裁判官)の言葉(1)
  3. 憲法

    自分に勝つ! / 王貞治・元プロ野球選手の言葉(1)
  4. 憲法

    会議公開の原則/チャップリンの言葉(2)
  5. 憲法

    【講座1027】 講座1026の解答 – わしなら、こう解く …
PAGE TOP