総論

【講座257】 「やられたら、やり返す!」

新司法試験の結果発表から、1日が過ぎた。不合格になった人は、さぞかしショックが大きかったことだろう。
わしは、君の気持ちがよくわかる。何せ、わしの人生は、これまで1勝99敗だからである。公認会計士の試験の時だって、散々に失敗した。もう、「勉強するのが嫌だ」。「生きるのさえ、面倒くさい」と思ったことだってある。
この数年の間も、経営のことでトコトンやられた。このへんのことは、いつか君にも知らせたい。きっと、法曹になって、あと何十年も生きていく際に、役立つと思うよ。
さて、新司法試験を受験している君のことだが・・・。どうする。わしだったら、「1振」「2振」なら、来年は死んでも合格する。あと8ヵ月だが、今のやり方を大幅に改善して、絶対に絶対に受かる。
「3振」なら、来年の予備試験を、必ず受験する。苦手な科目があっても、一から習得する。
この際に、「1振」「2振」「3振」でも、まず、失敗の原因を自分だけで本気で突き止める。「死か生か」というぐらいの気迫で分析する。そうすると、次のことがわかる。
(1) 新司法試験の受験において、学科の各項目を理解せずに、暗記ばかりに頼ってやっていただけだった。「ある項目を理解するということは、どういうことなのか」さえ、わからない。
(2) もちろん、「理解中心の勉強をすれば、暗記は、暗記中心型の人の50分の1ぐらいで済む」ことに気づかない。
(3) 「基本と過去問を理解すれば、必勝である」ということが、わからない。今の現在もわかっていない。すべったのは、知識が少なかったからと錯覚している。
(4) 「自分」というものがないから、予備校に振り回された。ひどい講義やお粗末な答練。「~と判例がいっているから」「~と条文に書いてあるから」という講師に納得していた。「それがなんだ。理由は、何なのか」ということを理解せず、勉強したつもりになっていた。
(5) 「絶対合格する」という気迫がなかった。「なんとなく受験」や「そこそこやれば合格」という程度であった。
(6) いい指導者に、めぐりあわなかった。指導者のよしあしも判断できず

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    講座98【新司法試験ブログ】できるヤツに、ついていけ!

    勉強ができない人は、できない仲間を欲しがる。学校でも予備校でも、自分と…

  2. 総論

    1流のプロフェッショナルになるために

     あなたが、将来、法曹界、その他の分野で‘‘1流の…

  3. 総論

    講座21【新司法試験ブログ】新司法試験合格のための勉強の注意点

    択一試験(短答式試験)と「論文試験」における、中身は、同じである。違っ…

  4. 総論

    論文突破の王道

     合格論文の書き方を習得するのは、ピアノの練習に似…

  5. 総論

    爽やかな春の風のように・・・!!

     サツキに、なりました。爽やかな…

  6. 総論

    司法試験の合格まで、あと3日

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 来年の司法試験・予備試験の論…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP