憲法

【講座159】 講座158の解答

(1)「消極的表現の自由」とは、国民が国家から強制されないで、思想・情報を外部に発表し、伝達する自由をいう。
(2)「強制からの自由」とは、国民が国家からある言動を行うことを強制されない自由をいう。
今回の問題では、自分の意見でない他者(国家)の意見を自分のパッケージに記載することを義務づけられないことを意味する。
(3)「選択の自由」とは、国民がある言動を行う場合、自分の意見で特定の方法を選ぶことができる自由をいう。通常、表現するか表現しない(沈黙する)かを、国民が選べることである。
今回の問題では、「選択の自由」については問われていない。
【注】
① 「消極的表現の自由」の性質

強制からの自由 選択の自由
他者(特に国家)から表現することを強制されない。 自己が表現するかどうかを、選べる。
平成18年の問題。 平成18年では、問われていない。

② これに関連して、消極的権利・積極的権利などについては、後日、出題する。


※ 少人数制・ライブ講座 / 毎週届く・DVD通信講座 / 「途中入学」随時受付中!
  「新司法試験 2011年 パーフェクト【憲民刑】基礎講座」5月29日スタート!
※ 「パーフェクト【憲民刑】基礎講座の無料公開講座DVD(2枚組)」無料配布中!
※ 随時開催「新司法試験 2010年 かけこみ合格・マンツーマン徹底サポート」募集中!
※ スクール東京の「新司法試験」に関する情報を、随時更新中。

【講座158】 設問前のページ

【講座160】 街中でも、礼儀正しかった次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    11/13更新【講座1417】設問 – 「適当に、読んではいけない」 – わ…

    【注目の「中部ライブ」ゼミ+答練】成川先生の「中部・必勝合格ゼミ」…

  2. 憲法

    【講座250】 講座249の解答

    新司法試験の受験生に、昨日の答えを示します。【解答】(1)「表…

  3. 憲法

    憲法テストNo.3[問題編]/草間彌生の言葉(1)

     ・特異な絵画・立体作品を世…

  4. 憲法

    01/09更新【講座1474】講座1473の解答 – 「君の勝手ですが・・・」 R…

    【間もなくスタート! 答練 + 解説ゼミ】論文 過去問 答練+解説…

  5. 憲法

    他者加害

     次の用語を、簡潔に定義せよ。1.他者加害2.パタ…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP