プロフェッショナルな勉強法

自分の欠点を、コントロールする

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! “人は、失敗をする動物”。例えば会社組織では、人為過誤を少なくするよう、管理システムなど様々な工夫がされる。他方、1人で闘う受験生はどうか? 大・小の誤りを踏み続けた結果、合格が得られない、という重い自己責任を負うことになる。しかし、それではいけない。“自分で、自己管理を徹底する”。それが、今日のテーマである。それでは“プロフェッショナルな勉強法No.47”を、どうぞ。
▼「間違ったら“改善ノート”か“改善マーク”を」。A君:「答練ではミスをし、本番では大失敗をしでかした」。B子さん:「以前と同じ間違いを、何回も繰り返すが・・・」。
<×:スベる人>
(1)ミスをした場合でも、そのままにして、ドンドン先に進んでいる。
(2)または、正解を暗記するだけで、済ませる。
(3)分からなかった項目を、調べようとしていたが、いつの間にか忘れてしまった・・・。
<〇:受かる人>
(1)ミスをした場合、次のプロセスで改善する。
  ① 理解していないとき
  ⅰすぐ、「なぜか」と考える。
  ⅱそれでも、分からなかったら、参考資料で調べる。
  ⅲお手上げ状態になれば、先生に質問する。
  ⅳ分かったら、“改善ノート”に書く。時間がない場合は、テキストの該当箇所にマーカーで印(“改善マーク”)をして、“改善ノート”の代わりにする。
  ② ケアレス・ミスのとき
(2)間違いを、決してそのままにしておかない。
  ⅰ“改善ノート”やテキストの裏などに“ミス欄”を作って、記入する。
<合格ポイント>
(1)サブノートは、予備校の資料や市販されているテキストに手を加えればいい。受験生が一から自分の手で作り上げなければならないのは、“改善ノート”であり、“改善マーク”である。
(2)人間は、同じような箇所で正解し、同じような箇所で間違う傾向があるのだ。だから、自分がミスしやすい点を直していけば、正解率は飛躍的に高まる。出題範囲すべてを網羅するより、自分の弱点を徹底的に克服する方が、合格はより速くなり、合格率ははるかに高くなる。
(3)1科目につき、1冊のノートを用意しよう。時間がない兼業受験生の場合は、テキストそのものを“改善ノート”化する。
(4)そこに、講義を聴いてもよく理解できなかった部分や、過去問題集、答練や模試で間違えた論点などを書き込んでいく。そして、答練や本試験直前に、集中して読み返す。
(5)テキストそのものを、“改善ノート”化する場合は、分からなかった箇所にマーカーで印をしたり、“☆”・“☆☆”をつける。つまり、“改善マーク”をする。
(6)そうすれば、直前期の不安は、一気に解消される。自分が失点しやすいところが、予め分かるからだ。本試験問題を予想することは予備校に任せて、あなたは自分が間違いやすい箇所を予想して、それを直しておけばいい。
(7)この“改善ノート”を作っていない人や、“改善マーク”をしない人は、アマチュアと呼ばれても仕方ない。“お坊ちゃん・お嬢ちゃん”の受験ごっこといわれても、しようがない。自分の弱点を放置する人が、本気で合格を目指しているとは考えられないからだ。
(8)短期合格のためには、サブノートを自分で作っているヒマはない。しかし、“改善ノート”を作る手間を惜しむ人や“改善マーク”のやり方を怠る人は、短期どころか、いつまでたっても、合格はありえないのである。
<裏技>
(1)時間がない人。テキストの“改善マーク”をする所に、5色マーカーで色分けをして、自分の理解・暗記の程度を示したりする。
(2)本試験の開始時間・直前の30分で、1科目分をすべて見返せるように、準備する。試験は、基本部分と“改善ノート”・“改善マーク”の部分から、100%出題される。
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「“改善ノート”・“改善マーク”=“合格ノート”・“合格マーク”」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:私の彼(29歳)は、予備試験の勉強をしています。今年の夏から、予備校のゼミに通い始めました。一度、通して勉強したことのある科目は、コンスタントに出席しています。しかし、初めて勉強する科目は、ゼミに1~2回出ただけで、あとはずっと休みっぱなし。「講義資料を見れば、内容は分かる」というのですが・・・(東京都・SEさんの彼女)。
A:初めて聞く科目は、知らない言葉や理論が出てくると、なかなか勉強が進みません。しかし、「分からなくても、とりあえずは初めての講義は聞く」という姿勢を持てば、理解できる部分が出てきます。また、1人で講義資料を見るよりも、ゼミに出て“聞く・話す・見る”という五感を多く使う作業をすることで、頭に残りやすく、効率が上がります。彼には、プライドを捨てて、ゼミに出るように勧めてみてください。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    試験当日の準備

    司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 本番を楽しむ人は、必ず合格する…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    勉強と勉強の間は、15分・30分・60分単位で、休憩する

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 日曜日が、やって来た。このブ…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    “合格の神様”に、好かれる

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 本日5月24日(日)に開催さ…

  4. プロフェッショナルな勉強法

    昼食は、合格弁当にする

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 日曜日が、やって来た。このブ…

  5. プロフェッショナルな勉強法

    試験会場で友人と会っても、“ニコッ”と笑って会釈だけ

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 日曜日が、やって来た。本試験…

  6. プロフェッショナルな勉強法

    無料のガイダンスや講座ばかりを、渡り歩かない!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

  1. 総論

    【講座356】 新司法試験の合格には基礎が一番ということを女子アナは知っていた!…
  2. 総論

    君は、なぜそんなに歩くのが遅いのか?
  3. 総論

    「勝ち組」、「負け組」、みんな疲れている!!
  4. プロフェッショナルな勉強法

    「涼しい答案」を、書く
  5. 総論

    【講座624】 司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「それで、プロといえるの…
PAGE TOP