刑法

“ドボーン”と落ちない対策

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 年末年始に入って、本試験まで、あと少しとなった。「本番までの日数が、だんだん少なくなってくる反面、実力は、だんだん伸びてくる」とは、ならない。このことに、受験生は苛立つ。ここで、焦ったり、ビビッタリする人が出てくる。そうすると、せっかくの勉強したことが本試験場では、発揮できず、“ドボ―ン”と落ちる。心したい。この対策を、今から立てておく。
では、昨日の答えを示します。
【解答】刑法No.5
<「被害者の承諾」の定義を答えよ。>
被害者の承諾とは、被害者が自己の(法益)を(放棄)し、その侵害に承諾又は同意を与えることをいう。
【注】
(1)まず、「被害者の承諾」の問題で重要なのは、全体を見渡す姿勢です。つまり、犯罪の体系論を意識しながら、問題にあたるということです。
(2)このことは、刑法の学習全体において、非常に重要です。反射的な「悪しき論点主義」に陥ることを防ぐためにも、全体を見渡す姿勢(=犯罪の体系を、常に意識した姿勢)を大事にしましょう。
(3)「被害者の承諾」の定義は、上記のとおりです。ポイント(つまり、問題の本質)は、「法益の放棄」です。ここから、各種の類型へ、派生します。
  ① 法益の放棄が、その性質上、できない場合・無意味な場合(ex.国家的法益を保護する犯罪類型)。
  ② 法益の放棄が、構成要件として、あらかじめ類型化されている場合(ex.同意殺人罪)。
  ③ 法益の放棄が、違法性を阻却する場合(ex.傷害罪)などです。
(4)いくつもの類型があるようでいても、本質を押さえてしまえば、シンプルなものです。このことは、記憶に便宜であるのみならず、本番での思考が、合理化されて、安定感がでます。つまり、素早く、かつミスがなくなるのです。
【定義の重要性】
(1)「困ったら、定義」。定義とは、物事の意味・内容を他と区別できるように、明確に限定すること、またはそのものをいいます。
(2)定義を読めば、概念が、正確に理解できます。概念の積み重ねといっても過言ではない法解釈学においては、概念を正確に理解することが、基礎の基礎であり、また、近道なのです。
(3)今日において、司法試験に関わるテキストや基本書には、様々なものがあり、どれを選ぶかが悩みどころです。ここで、一つの目安として、「なるべく丁寧に、定義を載せてくれているものを選ぶ」ことを、お勧めします。
(4)年内も、残りわずかとなってきました。試験が近づくにつれ、私たちの周囲は、焦って、浮き足立ち、また、騒がしくなってきます。私たちは、これらに振り回されることなく、淡々と勉強をすることにしましょう。今からペースを崩しても、ロクなことにはならないことは、明らかだからです。
(5)季節の変り目は、体調を崩しやすい時期でもあります。くれぐれも、お身体にお気をつけて。そして、それでも、体調を崩したときは、深刻には考えずに、気を楽に持って、滋養に努めてください。
(6)「面白く、かつ、本気で」やる人を、スクール東京は、全力でサポートします。夢をもって、まっすぐに、頑張っていきましょう!

――――――――――――――――――
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 本番で焦らない方法には、いろいろある。わしが、公表しているものでも、相当ある。「成川式」合格シリーズの「合格!試験当日の戦い方」DVD(税・送料込1,000円)を見てください。この合格ノウハウを、習得すれば必ず、合格できる。共通することは「一点でも↑・一秒でも↓」の考え方とテクニックである。
司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! さあ! 今日も面白く、受験を楽しみながら“爆走”する! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「今から、本番当日のノウハウを!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:大学4年生の息子(22歳)がいます。予備試験の受験を始めました。もともと、彼は大学を卒業したら、就職するつもりだったようです。ただ家内が、「資格を、とっておきなさい」と勧め、彼は言われるまま、進路を変えました。予備校に通わせているのですが、「あー、しんどい・・・」という様子で、帰ってきます(兵庫県・SNさんの父)。
A:予備試験・司法試験の合格は、“法律のプロ”への道ですから、どんな失敗にもめげない“貪欲さ”が必要です。厳しい言い方ですが、受身のまま、親の言うことを聞き続けて、受かる試験ではありません。奥様は、苦しいかもしれませんが、彼が「もっと勉強がしたい」「合格したい」と自分から考え、行動するまで、ドッシリと構えること。これを、“無関心の関心”といいます。過干渉、つまり“関心の関心”は、彼の合格を遅らせるだけ。“タブー”としてください。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 刑法

    危険運転致死罪/大隈重信の言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今、君が味わっ…

  2. 刑法

    あと、200日 / 【法務省発表】

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 法務省より、「平成27年司法…

  3. 刑法

    文書偽造罪 / 山本周五郎(小説家)の言葉(2)

    ―――――――――――――――――― ● 年末年始集中!短答「点…

  4. 刑法

    論文合格のための本物ゼミ

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 合格者の話・合格体験記やコメ…

  5. 刑法

    共犯従属性

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 人間には、品格の差がある。昨…

  6. 刑法

    公務執行妨害罪(問題) / 勉強が好きですか? / 鉄人・衣笠(元プロ野球選手)の言葉(1)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「好きなことを、仕事にする」…

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

  1. 総論

    【講座932】 要は、「合格するノウハウ」である! – 司法試験・予…
  2. 総論

    【講座616】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 今度は、行政法と刑事訴…
  3. 総論

    合格の合同ガイダンス
  4. 民法

    民法No.65【事例式演習①】問題編/レントゲンの言葉(1)
  5. 総論

    年齢に関係なく、受かる者は、受かる / 「名古屋ゼミ」の決闘!
PAGE TOP