受かる・土台作り作戦

ガツン  試験にとって一次情報とは、過去問である  

 

予備試験・司法試験合格の最短ルートは、過去問を徹底的にやることです。

1度、出題された問題の大切さ、きちんとやることの大事さを考えます。

 

これまでに3回受けて、受からないのはおかしいです。特に、5回以上やって受からないのは、勉強方法がおかしいからです。

これが分からない人は、受験を止めるときに、捨て台詞を言って、「自分は、力を出し尽くした」と言って、去って行きます。

「出し尽くした」とは、その程度か、と逆に、私は聞きたいです。

 

大して工夫もしてない人に限って、こんな不愉快な言葉を残していきます。

 

賢く土台づくりをやれば、必ず受かります。

情報に振り回されるのは、邪道です。

「過去問・命」と思って、これからも私たちスクール東京と共に、頑張りましょう。

 

それで行け!

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    考力   質問を小バカにする人への対処法 

      例えば、あなたが分からないことを質問したら、小バカにした人…

  2. 受かる・土台作り作戦

    ガツン:注意は中身に価値がある

      今回の「受かる・土台作り作戦」のテーマは、「ガツン!」です…

  3. 受かる・土台作り作戦

    ガツン:なんでも、「冷凍庫」に入れる!!

      前回は、「人間は、顔を合わさなければ1週間で忘れてし…

  4. 受かる・土台作り作戦

    アラ・パーになったら、体力配分を考える

       「受かる・土台作り作戦」は、前回から「体力」について、特…

  5. 受かる・土台作り作戦

    マイナスのことを言うのは、10秒間だけにする

      「プラス思考」について取り上げます。前回は、「人前では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP