憲法

司法試験・予備試験「成川式」平成27年版 単年版 短答 過去問集が、好評だ! / イチロー選手の言葉(1)

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 司法試験・予備試験の受験界で、「短答」を軽くみなしている傾向がある。極端にいえば、「短答を、なめている」。しかし、実際は、「短答」で基本力をはかり、「論文」の論述の素材にする。わしは、怒っている。「短答」をなめては、罰が当たる。本当の基本力を、早目に補強し、「論文」合格を確実なものにするため、「短答 過去問 アレンジ答練2015<ライブ/通信>」が、2015年7月15日(水)から始まる。全国の受験生の方々、「短答で高得点を取ると、上位合格は、堅い」。このことを、早目に実行に移してください。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今日の一日を、面白く送ると、面白い結果が生まれる。司法試験・予備試験では、勉強そのものを、苦しいと思わない。今の一問一問をやるとき、別のことは考えない。この一問を、楽しく処理する。
メジャー・リーガーのイチロー選手も、よく考えて、プレーをしている。
―――――――――――――――――
<イチロー選手(メジャー・リーガー)の言葉>
「バッター・ボックスでは、次の一球のことしか、考えない」
―――――――――――――――――
超1流といわれるスポーツ選手の言うことは、大変、内容が濃い。受験生の君も、合格するためにも、大いに参考にしてください。
では、憲法の問題を出します。
【設問】憲法No.246
憲法第29条第3項は私有財産を正当な補償の下に公共のために用いることができるとするが,こうした規定は歴史的には福祉国家理念を背景にして制定されるに至った。
正しいか。誤っているか。
【注】
(1)これは、今年の本試験後に出たものです。司法試験平成27年9問・肢ウと予備試験平成27年5問・肢ウである。
(2)29条3項は、大変よく出る。2015年6月に新発売された、司法試験・予備試験「合格ノート」憲法【人権】(スクール東京出版)のページ200から、コンパクトに説明しています。読んでください。
(3)もし、「合格ノート」で触れていない論点が出ても、「合格ノート」の内容をベースに、社会通念をもって考えれば、正解は、出せる。いたずらに、“知識”“知識”と、拡散する勉強をしないこと。コンパクトに、定義・分類を押さえ、あとは社会通念を使えば、正解は出る。
(4)つい最近、平成27年(2015年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集が、スクール東京出版から出た。受験生の間で、「よく分かる」「短答を論文的に解く方式になっているので、論文にも活用出来る」と好評だ。
――――――――――――――――――
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 試験もスポーツも、勝つ(合格する)目標があるという点では、同じだ。今の一問に面白く集中して、“ヒット”をたたき出してほしい。
さあ! 今日も一日、“スコーン”と“爆勉”しよう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「受験においても、プロフェッショナルになる!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:予備試験を目指している息子がいます。専業受験生ですが、今年の試験で不合格だったことが相当ショックだったようです。なかなか勉強が始められない様子です(広島県、合格ネーム・KJさんの父)。
A:気持ちは分かりますが、勉強を続けている他の受験生と差が出てしまうだけです。結果が悪かった時こそ、すぐ再開することが大事です。なぜかというと、365日なんてあっという間に過ぎてしまうからです。現に予備試験は、来年まで312日しかありません。だから、受験は“先手先手”で行かないと合格することは難しいです。「成川式」合格シリーズの「合格!夏場に、勉強の勝負を決める」DVD(税・送料込1,000円)を、ご覧ください。これからの時期をどう過ごすか、ヒントになります。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    定義と社会通念で / 与謝野晶子(文人)の言葉(2)

    ―――――――――――――――――― ● 年末年始集中!短答「点…

  2. 憲法

    平成21年の択一憲法の第3問肢アの解答

     誤っている。<第1文>正しい。【理由…

  3. 憲法

    講座123【新司法試験ブログ】講座122の解答

    正しい。(1)「日本国憲法は議院内閣制を採っていると理解できるから…

  4. 憲法

    【講座1097】 講座1096の解答 – わしなら、こう解く – 「勉強を始…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 朝、起きたとき、自然・神様や…

  5. 憲法

    平成18年 論文・憲法

     論文・憲法(平成18年・2006年)のヒアリングで説明されて…

  6. 憲法

    【講座711】 設問 – 「わしなら、こう考える!」 – 難しいことは、考え…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

ペイパル新規登録キャンペーン

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

PVアクセスランキング にほんブログ村

  1. 総論

    【講座290】 頭脳戦争よ!
  2. プロフェッショナルな勉強法

    ピンぼけの会話をする受験生は、ペーパー試験でも落ちてしまう!
  3. 民法

    【事例式演習②】問題編/篠田桃紅の言葉(1)
  4. 総論

    ピンスに目覚める!
  5. 総論

    十八歳になったら、気づかなくてはいけないことの1つ!
PAGE TOP