民法

民法No.65【事例式演習①】問題編/レントゲンの言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人の作業の中に「考える」「言う」「行う」の3種類がある。多くの実験が必要な科学者は、「行う」ことを重視する。レントゲンを発明したドイツの科学者、ウィルヘルム・レントゲンもそうであった。

<ウィルヘルム・レントゲンの言葉(1)>
「私は、考えなかった。ただ、実験をした」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!レントゲンの「考えなかった」というのは、謙遜である。それにしても、自分の妻をも右手のX線写真のモデルにしている彼は、行動の鬼であったに違いない。
 では、民法の問題を出します。


民法No.65【事例式演習①】問題編
買主Xは,売主Aとの間で,Aが所有する唯一の財産である甲土地の売買契約を締結した。ところが,XがAから所有権移転登記を受ける前に,Aは,Bに対して,甲土地について贈与を原因とする所有権移転登記をした。
上記の事案において, AB間の登記に合致する贈与があった場合について,Xが,Bに対して,どのような権利に基づいてどのような請求をすることができるかを論ぜよ。
[留意事項]
「どのような権利」「どのような請求」とあることから、「権利」「請求」の内容を特定する必要がある。当事者であるXの言い分を、事案に沿って明らかにし、その言い分を充たすことができる手段(=条文)を、六法を参照しながら見つけることが大切である。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!「考える」「言う」「行う」のうち、「行う」は、トレーニングである。司法試験・予備試験でいえば、過去問を「短答」「論文」とも「やって・やって・やりまくる」のである。そうすれば、結果はでる。もちろん「考える」ことも並行する。
 さあ!今日も、面白く「考えながら」「やりまくる」。“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます
 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「“考える・言う・行う”を、しっかりと・・・!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 民法

    不当利得返還請求権(1)/ベートーヴェンの言葉(1)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!歴史上の天才と…

  2. 民法

    【事例式演習①】解答編/本居宣長の言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!勉強にしても、…

  3. 民法

    数種の解除 / 二宮金次郎の言葉(2)

    ―――――――――――――――――― ● 年末年始集中!短答「点…

  4. 民法

    民法テストNo.3[解答編]/島津斉彬の言葉(2)

     ・幕末に公武合体を唱えた、…

  5. 民法

    予備校は活用する

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「試験委員コメント集」で論文…

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

  1. 総論

    猛勉強→プール→彼女
  2. 憲法

    短答上位→論文合格 / 【法務省発表】
  3. 憲法

    【講座662】 設問 – “わしなら、こう解く” – 「…
  4. プロフェッショナルな勉強法

    夜中に寝つけなかったら、自己流催眠法で、乗り切る!!
  5. 総論

    受験に合格出来る人と、出来ない人の違い!
PAGE TOP