総論

【講座857】 「旅立つ君へ」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

緊急決定!】 ※2,100円(1回完結・90分)
司法試験・予備試験「超直前」成川豊彦先生による「平成24年(2012年)合格精神確立講座」


司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 君の先輩であるA弁護士(30歳)は、自由業のありがたみを感じている。彼は、ロースクールを卒業後、法曹になって、1年半。東京の中規模事務所に勤めていたが、ボスと折り合いが悪く退所。以前から、ヨーロッパ文明に興味をもっていたので、一念発起し、フランス・ドイツに留学することにした。
「なぜ、ヨーロッパの町並みは、あんなにきれいなのか。特に、地方の田園地帯は、どこをとっても、絵はがきになるほど。日本の田舎などは比べものにならない。どうして、美しい地域を、何世紀も持続させることができるのか」「ユーロの現状が“パッ”としないといわれているが、実のところ、どうなのか」「フランスの憲法院は、どのように機能しているか」など。「これらを、2年かけて学んでみたい」と彼は言う。
このほど、2人だけの送別会をもった。弁護士を休業する彼は、「長期間、仕事をしないで、勉学できるのも、自由業だからです。特に、スティタスが高い弁護士だからです。帰国しても、仕事ができますから。先生、これから法曹になる若い人たちに、この点を、伝えてください」と頼まれた。
A君は、自由業の「自由」を今、実現しようとしている。ゆっくり、欧州の緑の森を歩きながら、人生の意味を考えてきてほしい。この夜、ヨーロッパ・ワインを傾けながら、彼の出発を祝った。「ボン・ボヤージュ」。
司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 君も、合格した後、君の一番、好きなことをやってください。それができるのは、社会的地位の高い資格をもってからです。受験勉強の苦しみなど、その後の人生のことを考えたら、たいしたことはない。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
さあ、今日も「ドカーン」と行くぞ───。
【成川先生の合格語録】
「やはり、法曹合格である」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス(ライブ)](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
   ⇒ [成川先生の電話相談](30分:3,000円)
【体験受講について】
   ⇒ ライブ通学[初回・無料体験受講
   ⇒ DVD通信[無料体験試聴(レンタル)

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    10/01更新【講座1374】「やはり、そうなのです!」 – 司法試験・予備試験の合格を…

    【まもなく開催の答練】短答 過去問 アレンジ答練 平成26年版…

  2. 総論

    講座29【新司法試験ブログ】新司法試験合格のための、人間関係

    都内のロースクールに通っている、A子さん(26才)は、長身の美人だが、…

  3. 総論

    苦労の向こう側に、優勝・合格あり!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今日は、都民の…

  4. 総論

    司法試験・予備試験の受験生へ贈る「名選手の言葉集」/第3回

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人間は、言葉に…

  5. 総論

    【講座615】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 何かが後押ししてくれている

    新時代の新司法試験・合格本が出た! これで「短答」「論文」が同時攻略で…

  6. 総論

    講座93【新司法試験ブログ】受かっても、受験生!

    新司法試験に合格して、念願の弁護士になった32歳の女性。彼女は昨年の1…

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 総論

    行政法・民事訴訟法・刑事訴訟法
  2. 総論

    【講座1251】 「こんなボクが短答に、受かりました!!」 – 司法…
  3. 総論

    「ON」と「OFF」をしっかりと・・・!!
  4. 憲法

    【講座1242】 設問 – わしなら、こう解く – 「も…
  5. 民法

    民法No.75[事例式演習]解説編/草間彌生の言葉(2)
PAGE TOP