憲法

【講座921】 設問 – わしなら、こう解く – 「夏に、頭の体力をつける」

【新刊のお知らせ】2012年7月2日(月)発売!
平成24年(2012年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集(スクール東京出版)」
【イチ押しの講座】「途中入学」随時募集中 ※お気軽に、お問い合わせください。
平成25年(2013年)司法試験・予備試験の合格へ!「7科目・パーフェクト合格ゼミ」
⇒「無料・個別ガイダンス(ライブ)」:いつでも受講できます。(要予約)
⇒「初回・無料体験受講」:途中の回の受講でも可能です。(要予約)


司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 年内は、基本知識をコツコツ積み重ねる。並行して、「短答」は成川式・平成24年(2012年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集(スクール東京出版)を完全に理解する。そして、プレ・サンプルから平成23年までの問題もフォローする。「論文」は遅くとも10月ごろから(できれば7月中旬から)答案構成をはじめ、1月末ごろまでに全論文過去問を押える。これで、平成25年は、合格です。次に、今年の問題を設問にしました。
【設問】
次の肢は、正しいか。理由をも、示せ。
<司法試験・平成24年(2012年)短答・憲法第6問ウ肢>
ウ. 市町村長は、原則として転入届を受理しなければならない。ただし、市町村には住民の安全を確保する義務があるので、地域の秩序が破壊され住民の生命や身体の安全が害される危険性が高度に認められる場合には、転入届を受理しないことも許される。
【解答】
明日、示します。
【注】
(1)この問題は、社会通念に基づいて解けば、すんなり解ける。もし、関連判例があったとしても、やはり社会通念による解決を判示している。
(2)判例を、怖がる必要はない。君が、正常な社会通念に基づいて出した結論と判例の判旨とは、同じになっているはずである。
(3)したがって、社会通念を理解して、判例を読むと、すんなり、つじつまが合うはずである。
───司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 憲法や法律を学ぶとき、突飛なことを考える必要はない。社会生活をしていく上で、常識的な考えに基づいて、学習すればいい。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
さあ、今日も「スコーン」と行こう。絶対合格だ!!
【成川先生の合格語録】
「いつも、社会通念に従う」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス(ライブ)](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
   ⇒ [成川先生の電話相談](30分:3,000円)
【体験受講について】
   ⇒ ライブ通学[初回・無料体験受講
   ⇒ DVD通信[無料体験試聴(レンタル)

関連記事

  1. 憲法

    【講座551】 講座550の解答 – 「若いときに・・・」

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  2. 憲法

    「平成26年司法試験予備試験の試験場」決定!

    いよいよ、「平成26年司法試験予備試験の試験場」が発表された(詳細は、…

  3. 憲法

    【講座1097】 講座1096の解答 – わしなら、こう解く – 「勉強を始…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 朝、起きたとき、自然・神様や…

  4. 憲法

    【講座648】 設問 – “わしなら、こう解く” – 「年内にやることは?」…

    新時代の司法試験・合格本が出た! これで「短答」「論文」が同時攻略でき…

  5. 憲法

    短答上位→論文合格 / 【法務省発表】

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 法務省より、予備試験の論文本…

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  1. 総論

    【講座429】 もちろん秘である!
  2. 総論

    注!予備試験・口述で落ちるパターン!
  3. プロフェッショナルな勉強法

    派手な講師に、注意!
  4. 総論

    “口述模試”は、スクール東京でフィニッシュ!
  5. 総論

    【講座244】 根本は、何か
PAGE TOP