総論

【講座1137】 「もう、そんなに時がたったのか・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! わしは、学生時代から文字に興味があった。大学卒業後、新聞記者の取材で活字を扱い、国家試験の受験では、答案に漢字・かな・数字を走らせた。
そして、早稲田経営学院(早稲田セミナー・Wセミナー)の創業・経営の最中でも、エンピツを離さなかった。今、「スクール東京」の最高名誉顧問をしながら、毎日、司法試験・予備試験の受験生が書いた文章に赤いチェックを入れる。
あれこれ、50年。随分、“文字のみなさん”に、お世話になってきた。「ありがとうございます」という感謝の思いで一杯である。
さて、一般文と専門文の違いは、昔は大きかった。しかし、最近では段々と、その差が縮まってきた。
例えば、司法試験・予備試験の「論文」答案上では、「そもそも・・・」「しこうして・・・」「けだし・・・」など文語調(明治調)は消えた。まだ、少し残っている「思うに・・・」「確かに・・・」など、まもなく使われなくなるであろう。なぜなら、「思うこと」「確かなこと」を書くのが「論文」だから、わざわざ使わなくてよいことが、みんなに知れ渡ってきたのである。また、昔は、長文が多かったが、今は短文化されるようになった。これは、大変いいことである。
文の調子も、“書き言葉”が“話し言葉”に近づいてきた。これも、程度を越さなければ、好ましい。
このように、「論文」答案上の文章・文字は、時代と社会の変化に伴って、少しずつ変化していく習性がある。
司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 君は、法という専門分野のことを文章化する職業に就くのである。毎日、毎日、漢字・かな・数字などを使う専門家になるのだから、文字そのものを愛してもらいたい。文字を好きになると、論文作成は苦でなくなる。
司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今日もコツコツ文字を書く。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
さあ、“ビシッ”と行くぞ。絶対合格だ!!
【成川先生の合格語録】
「文字を愛すると、“論文”は合格する」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    先人たちに学んで、日々を大切にする!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!司法試験が終わ…

  2. 総論

    講座20【新司法試験ブログ】新司法試験合格のための論文の訂正について

    新司法試験・論文の添削をしていると、気づくことがある。文字の「訂正」が…

  3. 総論

    【講座324】 時間がないから、合格する!

    新司法試験の受験勉強をしながら、ロースクールに通っているA君から、相談…

  4. 総論

    勉強・病気・生活などは、合理的に対処すると、“ウマク”行きますね!

     ・「勉強で、成績が上がらない」「弱気に、悩んでいる」「人間関…

  5. 総論

    最後に、残るのは、「文字」である!

     ・大学2年生のA君が、突然やってきて、こういうのである。…

  6. 総論

    合格ゼミ出身の合格者講義

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 合格者の中には、わしの考え方…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP