総論

講座148【新司法試験ブログ】】「難しい=易しい」

本番の試験が「難しかった」というのと、「易しかった」というのとは、同じ意味である。
新司法試験の場合、例えば、上位から2,000人、または1,800人が受かるのである。「難しかった」としても2,000人、または1,800人。「易しかった」としても2,000人、または1,800人なのである。
試験内容の難易度とは一切、関係がない。だから「難しかった」としても、しょげる必要もない。逆に「易しかった」としても、いい気になるのは危険である。
いつも、淡々と勉強して、2,000人、または1,800人に入れば、いいのである。「合格は、簡単である」。
どんな試験でもいえることは、新司法試験でもいえるのである。


※ スクール東京の「新司法試験」に関する情報は、随時、更新いたしております。
※ 2010年5月29日~「新司法試験 2011年 パーフェクト基礎講座」常設スクールでスタート!
※ 随時開催「新司法試験 2010年 かけこみ合格・マ%B

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    “合格の神様”は、実際にいるのだ!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! この1か月ぐらい前から、今年…

  2. 総論

    【講座192】 さまよっている受験生たち!

    新司法試験の受験者層は、ペット・ボトル型になっている。&#9312…

  3. 総論

    受験界のブラック・ユーモア

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 先日、恐ろしい話を聞いた。上…

  4. 総論

    【講座1322】 「それぞれの悩み・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【まもなく開催の講座】これだけで、平成24年本試験で「8割」突破(…

  5. 総論

    偉人の言葉!No.16

     ---------------------------…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP