憲法

講座17【新司法試験ブログ】新司法試験合格を目指す、受験生からの質問

Q:選挙権行使の保障に関する最高裁判所の判決について、質問したい。
在宅投票制度事件(最判昭60.11.21)では「立法行為(不作為)は合憲で、国家賠償請求は否定された」。一方、在外選挙制度事件(最大判平17.9.14)では「立法行為(不作為)は違憲で、国家賠償請求は肯定された」。異なる判決になったのは、一言で言って、ポイントは何ですか。
A:ズバリ一言。在宅投票制度事件は、「在宅投票を悪用されるので、廃止したままにした」。だから、合憲。一方、在外選挙制度事件は、「国外の日本国民に選挙権行使を認めないまま、10年余り放置していた」。だから違憲。
(注)このように、新司法試験合格のためには、ポイントをついた勉強をしよう。


新司法試験ブログを毎日読んで、新司法試験合格!
無駄なことはしない!


※ 「現行(旧)司法試験 2010年 崖っぷち合格ゼミ」 2010年2月生募集中!
※ 「新司法試験 2010年 絶対合格ゼミ」 2010年2月生募集中!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    平成20年8問肢ウ

     学校教育に関する次の記述は、最高裁判所の判例の趣旨に照らして…

  2. 憲法

    憲法のトンチ問題の解答

     (1)[①国民][②審査](79条2項)(2)[③住民][④投…

  3. 憲法

    【講座992】 講座991の解答 – わしなら、こう解く – 「まずは、今日…

    【新刊のお知らせ】 平成25年版「成川式」体系別 司法試験・予備試験 …

  4. 憲法

    【講座711】 設問 – 「わしなら、こう考える!」 – 難しいことは、考え…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  5. 憲法

    【講座1048】 講座1047の解答 – わしなら、こう解く – 「この頃、…

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  6. 憲法

    サンプル問題3のエの解答

     (1)正しい。(2)この文章は、マクリーン事件判決(…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP