憲法

【講座557】 設問 – 「どうせ、勉強するなら・・・」

平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!
「成川式」平成23年(2011年)新司法試験 本試験問題 短答式


新司法試験・予備試験の合格を決める君たちと、話をしていて、わしの頭が混乱することが、よくある。
受験生たちの、かなりの者たちが「短答(択一)」や「論文」の問題を解いているとき、わからない用語や文章が出てきても、スイスイ、飛ばして先に勉強を進めることである。彼・彼女たちは、わかった気になって、解答や解説を読み、少し暗記して終わらせてしまう。
こんなことをやっていたら、次に同じ趣旨の問題が出てきたって、不確かなままで解答をしてしまう。結果は、「当たるもハ卦、当たらぬもハ卦」のバクチみたいなものになる。これでは、プロの勉強とはいえない。アマの勉強である。
例を挙げよう。新司法試験の過去問(憲法)・平成23年11問ウ肢の正誤問題。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、新司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
【設問】
「ウ.最高裁判所は、かつて、例え立法の内容が憲法に違反するものであっても国会議員の立法行為は国家賠償法第1条第1項の適用上当然に違法の評価を受けるものではないとしていた。しかし、最高裁判所は、その後判例を変更し、国会で議決された法律が違憲であれば国家賠償法上も違法の評価を受けることになるという立場を採るに至った」。正しいか。
【解答】
明日、示します。
【注】
(1)この問題では、「判例を変更したのか、していないのか(A)」「どの点で、そういえるのか(B)」。
(2)(A)の部分を暗記していて、答えているのでは、単なる「暗記コンテスト」である。(B)の部分を連動させて答えないと無意味である。そして、「理由がわからず、答えと解説だけを暗記するのも、ナンセンス」。実力は、少しも上がらない。
(3)新司法試験・予備試験の合格を決める君なら、こんなバカな勉強はしない。しっかり、関連する判例を読んで、自分なりに理解してほしい。
(4)君は、暗記マンでも、暗記ウーマンでもない。立派な法曹になるために、しっかりした考えをもつために勉学をしているのである。「確実合格」をするために、棒暗記をやめ、理解中心に徹する。
───新司法試験・予備試験の合格を決める君よ!「プロフェッショナルになるという、自覚をもつ」。本物の勉強をして、堂々たる受験生・堂々たる合格者になる。さあ、「今日も、堂々と行くぞ───」。
【成川先生の合格語録】
「堂々たる受験生になる」
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、新司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
【体験受講について】
   ⇒ [ライブ通学・体験受講
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    【講座691】 講座690の解答 – わしなら、こう解く – 「知能は、すぐ…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  2. 憲法

    【講座235】 設問

    サンプル問題10-ウは、正しいか間違っているかを答えよ。また、その理由…

  3. 憲法

    【講座452】 設問 – 「ウルトラ・C」は、ない!

    新司法試験の君が、「ステップ・バイ・ステップ」で勉強しておれば、必ず合…

  4. 憲法

    【講座774】 設問 – わしなら、こう解く – 「書き方は、判例にならう!…

    【イチ押しの書籍】直前期に、最適! 各科目たった1冊で、全ての短答過去…

  5. 憲法

    憲法41条

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 再度、受講生からのご要望をい…

  6. 憲法

    大相撲の神様・双葉山の言葉(1)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 試験は、真剣勝負である。大相…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP