憲法

相対的平等・普通選挙・政教分離原則の解答

(1)相対的平等とは、事実上・実質上の差異と法上の取扱いの差異との関係が、社会通念上、合理的である場合の平等をいう。
(2)普通選挙とは、経済的条件だけでなく社会的条件をも選挙権取得の条件にしない選挙をいう。
(3)政教分離原則とは、個人の信教の自由を保障するため、国からの特権を受ける宗教を禁止し、国の宗教的中立性を保持する原理をいう。

【注】
(1)「やって、やって、やりまくれ」。それでもだめなら、少し休んで、また「やって、やって、やりまくれ」。わしが、応援する。
(2)いつか、「あのときほど、勉強したことはなかった」と懐かしむとよい。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【2018年10月19日(金)発売!】
「悪文・乱文から卒業する 正しい日本語の書き方」が、Discover21様から発売となります!増補改訂で、更に使いやすくなりました!https://amzn.to/2E377oF

相対的平等・普通選挙・政教分離原則前のページ

日ごろの勉強時、難しい論点・数式に出くわしても、「大したことはない」と、開き直る次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    平成22年の18問のアの解答

     正しい。【理由】① どんな内容であれ、最高裁判所…

  2. 憲法

    【講座676】 設問 – わしなら、こう解く – 「受かりたいなら・・・」

    平成24年(2012年)司法試験 出願直前「今の実力」診断模試が、20…

  3. 憲法

    【講座754】 講座753の解答 – わしなら、こう解く – 「まず、よく寝…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  4. 憲法

    【講座949】 設問 – わしなら、こう解く – 「オリンピックそして、京都…

    【早期申込割引8月2日まで延長】 8月4日(土)成川豊彦先生の「関西・…

  5. 憲法

    【講座1313】 講座1312の解答 – わしなら、こう解く – 「夏が去る…

    【司法試験・予備試験の合格を目指す皆さまへ】● 7科目「短答 過去…

  6. 憲法

    予備試験・平成23年第8問ア肢の解答

     正しい。【理由】(1)「固有の自衛権」とは、個別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和4年(2022年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 (スク短) アマゾンにて発売開始!

ペイパル新規登録キャンペーン

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP