総論

直前期になっても、今まで通り、仕事を続ける

 

司法試験・予備試験の受験勉強をしている人の中に、仕事をもっている人が、かなりいます。
彼・彼女たちは、本試験前になると、休暇を取ったり、勤務時間を減らしたりすることがあります。

しかし、それはやめた方がいい。
今まで通り、仕事を続けながら試験当日を、迎えることをお勧めします。

成川の45余年の経験から、理由を述べます。
① 今まで通りのスケジュールで勉強と仕事を両立させる人(Aチーム)と、勉強1本に絞った人(Bチーム)の合格率は、はるかにAチームが勝っています。本試験3ヶ月前に、無理やり会社を休んだサラリーマンや、2ヶ月前にバイトを辞めている人は、ほとんど、すべっています。
逆に、本試験の前日まで残業して社会貢献している人たちが、たくさん合格していることを、私は見てきました。
② Bチームのように急に、受験状況を変えると、精神的・肉体的にストレスがかかります。そのため、勉強能率が思ったほど上がらないのです。
③ Bチームは計画性のない人が多いです。そらに、焦り性。このため、本番に弱い結果が出ます。
④ 何よりも、仕事先の組織に迷惑がかかります。

だから、あなたは、直前期になっても、今まで通り、仕事を続けてください。

絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————


新刊情報【令和2年(2020年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集】

・ペーパーバック版 ¥3,850 (3月31日まで予約可)
・Kindle版(電子書籍)¥1,250 Kindle 価格!
・Kindle Unlimited 会員は、¥0で読み放題!

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    合格したいなら、方法をクル・クル変えない!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!いいと思ったこ…

  2. 総論

    泣いても笑っても勝負です。勝つのです!!

     最終日です。司法試験・予備…

  3. 総論

    他人は、あそぶ、自分は、学ぶ。

     東京は、日中、暑さを感じます。1年以上、国内…

  4. 総論

    【講座400】 ミスは、直すために存在する

    新司法試験をやっている君よ。「リズムに乗れない」「学習スケジュール…

  5. 総論

    自然を味方にする、勉強を!

     --------------------------------…

  6. 総論

    自分に厳しく接すると、実力が伸びる

     今年も、櫻の花は咲き、満開となり、散り始めていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP