憲法

【講座676】 設問 – わしなら、こう解く – 「受かりたいなら・・・」

平成24年(2012年)司法試験 出願直前「今の実力」診断模試が、2011年11月7日(月)から始まる。過去問をベースに、自分の実力がわかる。だから、「今年、出願するか否か」が決められる。客観的に自己評価をしたい人は、受けてください。


司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 「当たり前のことを、当たり前にやれば、一発合格できる」。この当たり前のことが、なかなか分からない。分かったようでも、実行しない。
合格者が、別段、偉いわけでもシャープなわけでもない。当たり前のことを、毎日コツコツやっている。だから、受かったのである。不合格者は、手を抜いているのである(何だかんだと言い逃れをしても・・・)。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。また、先日のブログにも記したが、11/1(火)、11/6(日)、11/8(火)、11/12(土)に開講の「合格者による現場思考法ゼミ」もお勧めである。
では、当たり前の問題を出す。
【設問】
次の(  )を、埋めよ。
「(           )とは、地方公務員のうち、住民の(    )を(    )し、その範囲を確定するなどの公権力の行使に当たる行為を行い、若しくは普通地方公共団体の(     )に関する(  )を行い、又はこれらに(  )することを職務とするもの」をいう。
【解答】
明日、示します。
【注】
(1)この問題は、短答では、必ず押えておかなければならない。
(2)最初の(  )は、ズバリ、キャリア・コースの地方の役人を意味している。すべての(  )のところは、キー・タームだから、理解して覚えておく。
(3)司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 「大変だ」と思っている勉強も面白くやる。そうすると、「大変なこと」が易しくなってくる。さあ、今日も行くぞ───。
【成川先生の合格語録】
「当たり前のことを、当たり前にやる」
【成川先生へのメール】
成川豊彦先生へのメール]を承っております。
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
【体験受講について】
   ⇒ [ライブ通学・体験受講
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴

【講座675】 司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「やる人は、いくつになってもやっている」前のページ

【講座677】 講座676の解答 – わしなら、こう解く – 「2人の違いって・・・?!」次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    【講座242】 設問

    新司法試験の受験生への質問をする。【設問】サンプル問題3のエで…

  2. 憲法

    平成22年のアの肢の解答

     (1)誤っている。(2)理由① 「会社が、国民と…

  3. 憲法

    12/26更新【講座1460】講座1459の解答 – 「同じ問題が、出る!」 ̵…

    【年末年始集中! 選択科目「倒産法」を、一気に攻略!】「倒産法」論…

  4. 憲法

    【講座347】 設問

    新司法試験の若い受験生が時間の無駄をしないように―とわしは、常々、気を…

  5. 憲法

    講座24【新司法試験ブログ】新司法試験合格を目指す、受験生からの質問

    Q:新司法試験合格のために、「択一」「論文」の問題をチェックしています…

  6. 憲法

    統治の論点の解答

     (1)権力分立の原理とは、国民の権利・自由を保障するために、国家…

令和4年(2022年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 (スク短) アマゾンにて発売開始!

ペイパル新規登録キャンペーン

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP