総論

論文合格ノート(憲法)【人権】【統治】

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 2014年3月30日(日)、成川先生の「中部・必勝合格ゼミ」 + 短答 過去問 アレンジ答練(憲法)で、司法試験・予備試験「論文合格ノート」憲法【人権】(スクール東京出版)を3時間、司法試験・予備試験「論文合格ノート」憲法【統治】(スクール東京出版)を2時間で完全講義する。今年の司法試験・予備試験の憲法「論文」予想問題を、提示する。付録として、「短答」予想問題も示す。1日完結。九州・中国・四国・関西や関東の受験生も、受講できます。
「論文は、やさしい」。司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 直前期に入って、「論文が書けない」という受験生が多い。この悩みには、いろいろな問題点が含まれている。
(1)まず、各科目の構造(フレーム)が分かっていない。出題文の趣旨を大きな立場から、とらえる。これは大切なことだが、なかなかできない。したがって、勉強が進んで行くうちに、習得していけるようにすればいい。
(2)次に、「論文が、書けない」という場合、通常、基本的な知識が乏しいことが、ほとんどの原因である。基本が分かっていないのに、「論文」が書けるはずがない。それが証拠に、基本力を試す試験である「短答」の成績が悪い。司法試験(予備試験も、同じ傾向)でいえば、「短答」本試験で260点(「短答 過去問 アレンジ答練」では、コンスタントに300点以上)を取らないと、合格者約2000人の中に、入れないのである。「短答」本試験で240点前後(「短答アレンジ答練」では、270点前後)の得点では、合格はできない。しかし、ここのところが、分かっていない。本番で、240点前後(アレンジで270点前後)を取って、「受かった気持ちになっている」のは、幼稚な考えだ。なぜ、幼稚かというと・・・。
  ① 「短答」の結果で、2,000番以内に入れないのに、「受かる」と思っているのは、よほど、文章力があるか、山が当たったかのどちらかでしかない。しかし、そんなことは、通常、ありえない。万が一、ありえても、考えてはいけない。
  ② この幼稚な考えになる、もう1つの原因は、2,000人という多数の合格者が出るせいである。この中には、基本力がない者や、ろくに論文も書けない者がいるのを、横目で見ているからだ。「あんな彼(彼女)でも、合格するのなら・・・」と、ラッキー合格に希望をつなぐ。ここに、今の司法試験・予備試験制度の問題点の1つがある。しかし、本年の試験に関係がないので、ここでは述べない。
▼結局は、受験生が本物合格を目指すか、ラッキー合格を期待するかの問題である。どちらでも、本人の勝手である。しかし、「スクール東京」や、わしは、“本物合格”を切に望みたい。「短答の成績を上げながら(基本力をつけながら)、論文力をつけたい」というのなら、わしに任せて。同時合格のノウハウを習得できるように、トコトン(面白く)協力したい。そして、今年合格組、または来年合格組に入ってもらうように、ノウハウを伝えたい。
なお、ラッキー合格組には、「本年のラッキーに、祈る」。ただ、アンラッキーに終わることがほとんどなので、あまり落胆しないように。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 面白く勉強すると、効果が上がる。“ドカ――ン”と勝負する! さあ! 今日も、やるぞ! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「“ドカ―ン”と、本物合格を!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:息子が、法律家を目指しております。今、24歳です。私たち家族は、東北大震災で被災しました。その日から3年立ち、家族の状況は落ち着いてきましたが、地元は、かつての活気を失ったままです。息子は、試験に通り、地元の復興に貢献するのが夢です。ただ、法曹になるためにどんな方法があるのか、どれくらいの期間がかかるのか、見通しがついておりません。成川先生のことは、インターネットを通じて知りました。相談に乗っていただけると、ありがたいのですが・・・(宮城県・YAさんの父)。
A:地元復興のために法律家になるという夢は、大変、敬服に値します。是非とも、司法試験に合格してもらいたいです。この試験を受けるためには2つの方法があって、予備試験を通る方法と、法科大学院を卒業する方法があります。どちらを取ればいいか、比較検討して詳しく説明します。「成川合格塾」に一度、申し込んでみてください。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座589】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「真夏の夜に・・・」

    たった3時間で、新司法試験・予備試験の本丸を攻略する、「書籍」と「DV…

  2. 総論

    「あと、5点上げたい人」

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今年、受験する人は、今年で決…

  3. 総論

    講座47【新司法試験ブログ】真実は、いつもシンプル!

    わしの年齢(69歳)になっても、現役でバリバリ仕事をしている人は、10…

  4. 総論

    【講座652】 司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「先生からの電話・・・」

    新時代の司法試験・合格本が出た! これで「短答」「論文」が同時攻略でき…

  5. 総論

    【講座923】 「子供か・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【新刊のお知らせ】2012年7月2日(月)発売!「平成24年(20…

  6. 総論

    短答1,660問・論文100問

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「過去問を押さえれば、司法試…

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

  1. 民法

    世界チャンピオンの言葉2 / 【法務省発表】
  2. 総論

    司法試験・予備試験「試験委員コメント集」を熟読
  3. 憲法

    【講座144】 設問 – 新司法試験ブログ
  4. 総論

    講座35【新司法試験ブログ】指導をしていて思うこと
  5. 総論

    司法試験・予備試験の「兼業受験生」を、なめてはいけない!
PAGE TOP