総論

短答上位合格 = 論文合格

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「短答」と「論文」の違いは何か、と受講生から、よく聞かれる。答えは、簡単だ。
<形式的な違い>
「短答」は、マーク方式で、各科目とも全範囲から出題される。
一方、「論文」は、記述方式で、各科目とも重要な範囲から出される。
<実質的な違い>
本質的な相違は、ない。法的思考を試されるという点では、まったく同じ。本質的な相違があると考えるのは、皮相、過ぎる。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「短答」「論文」とも、“法的思考のテスト”という点では同一なのに、受験生の中に、勉強方法を変える人がいる。困ったことだ。
(1)「短答」は、暗記でも高得点が取れる。しかし、「論文」との勉強方法を変えるパターンの受験生は、「短答」の出題の本意が分かっていないから、法的思考(理解力)は、伸びない。したがって、「論文」は、通過、出来ない。
(2)これまでは、最終合格者を多く出すという当局の方針があったから、“短答の暗記合格組”でも、「論文」には、かなり合格出来た。しかし、これからは、合格者を減少させる傾向にあるから、そうはうまく行かないだろう。
(3)もともと、受験生の法的思考を選択方式で試すのが、「短答」。根っこは、同じだ。そこで、「短答を、論文的に解く」やり方をすれば、「短答」「論文」とも、同時に合格できる。当たり前の話であるが・・・。
(4)だから、「短答」を、なめてはいけない。「早く、確実に合格したい」人には、「短答」を“理解”を中心にして、高得点で通過することを勧める。司法試験では、175点中140点(80%)以上。予備試験では、350点中280点(80%)以上を目指す。そうすれば、「論文」も合格できるパワーがある。
(5)「短答」で80%以上、得点することは、そんなに難しくない。現に、「スクール東京」の「短答 過去問 アレンジ答練」の受講生や、わしの個別指導を受けている人は、80%以上をクリアーする人は、かなりいる。中には、毎日、軽く90%超えの猛者も・・・。
(6)結局、「短答上位合格 ≒ 論文上位合格」または「短答上位合格 = 論文合格」となる。
(7)ここで、マンガチックな話をしよう。毎年、短答下位合格の人の中に、「論文も行けてる」と錯覚して、本試験後、適当な勉強しかしない者がいる。彼・彼女たちは、「短答」では、4人に3人が、合格する事実を理解しない。「短答」の本質は、“許可制的な試験”ではなく、“届出制的な試験”という点を、アッケラカーンと忘れている。これは、ブラック・ユーモアかマンガである。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 最後に、“短答80%以上得点”は、「そんなに難しくないこと」を伝えたい。次の機会に、「論文も、そんなに難しくないこと」も、説きたい。それでも、本試験で7割強が不合格になるのは、なぜか。それは、「理解→少し暗記」のやり方を、自ら習得出来ていないか、誰からも教えてもらっていないからだ。
さあ! 今日も、ものごとの本質を早くつかんで、“スコ――ン”と“爆勉”しよう! 絶対合格だ!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「本質を考える受験生は、すぐ受かる!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:息子が、今年5月の予備試験・短答式試験の突破を目指しています。過去問を全部、解き終わっていないそうですが、「何とか、本番までに仕上がれば」と思います。「スクール東京」の短答対策の講座を、教えてもらいたいです(神奈川県・合格ネーム・EYさんの父)。
A:「スクール東京」では、予備試験と司法試験の短答合格、それも超高得点(得点率90%~85%)を目指して、7科目の少人数ゼミを開講しています。たくさんのグループがあり、とても活気があります。土曜・日曜だけでなく、平日の昼間もやっていますので、ひとつ、覗いてみてください。彼の短答合格に、必ず役立ちます。さらに、2015年4月25日には、平成27年(2015年)司法試験・予備試験「短答」出題予想答練<ライブ通学/通信>をやりますので、知識の最終確認をされたらいいですよ。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

関連記事

  1. 総論

    【講座1198】 あと少し、ほしい – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 受験は、時間との戦いである。…

  2. 総論

    【講座927】 「これも、はずみの1つ」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【注目のフェア】2012年7月11日(水)より「期間限定」&「数量限定…

  3. 総論

    講座64【新司法試験ブログ】実行できるかは、自己責任

    「民法は重要」だと前回、言ったが、講義を受講しているときは、「わかった…

  4. 総論

    【講座303】 四の五の言う時期は、終わった。

    新司法試験の本番まで、200日を切った。「アッ」という間に、2010年…

  5. 総論

    【講座877】 「やはり、先手だね・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【イチ押しの講座】2012年6月2日(土)スタート! ※初回・無料体験…

  6. 総論

    【講座255】 ガタガタしない

    「平成22年新司法試験」の合格発表が、明日に迫った。本番でよくできた人…

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  1. 憲法

    【講座221】 設問
  2. 民法

    【法務省発表】 / 平成27司法試験「合格者」によるゼミ / 債務不履行解除 /…
  3. 総論

    “合格への黄金律”がある。しかし、やらない人が多すぎる!
  4. 総論

    番狂わせでも、合格
  5. 憲法

    400勝投手のアドバイス(2)
PAGE TOP