受かる・土台作り作戦

技力: 「怠け」の2つの種類

 

前回は、期即連をどのように実践するか、について話しました。

 

今回は、期即連の「即」、即行に関する「怠け」について、お話しします。

サボっているか否かは、他人よりも自分がよく分かっています。

独りでチェックできます。

 

まず、「怠け」には、2種類あります。1つは精神的なものです。そして、もう1つは、体力的なものです。

 

「怠け」に対しては、常に改良することでよくなります。

 

物事をジャッジするときには、玄関と居間に分けます。

始めに玄関の段階では、プラスのこと・楽しいことを考えます。

 

例えば、予備試験・司法試験の受験をスタートするのであれば、受かった後どうするか、楽しいことについて考えます。そうすると、より頑張れます。

 

玄関を過ぎたら、次は居間です。ここでは、マイナスのこと・嫌なこと・やりたくないことを考えます。

 

最初は楽しいことを考え、次は苦しいことをやるわけです。そうすると、「怠け」により悪い結果を招くことが分かってきます。

 

玄関のところで、マイナスのことをやろうとする人はいません。「お金が欲しい」「社会的な地位が欲しい」と、思うからやるのです。

 

決まったら、実際に行動します。その際、厳しいことから逃げる傾向が見られます。このことが、「怠け」につながります。

 

初心に帰って、いつも合格や成功を考えれば、逃げられません。その結果、うまく行きます。

 

「怠け」があると、ダメになります。その作業は止めた方がマシです。なぜか。土台がないからです。

 

「怠け」で計画したことが楽しいと思えるならば、居間に入っても続けられま

す。

適当にやって、お茶を濁して逃げる人は、いい結果が出ません。

 

今日も、行くぞ!

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    不合格者座談会 第14回 自己満足はどうして起きるか?

      不合格者座談会 第14回成川先生:今回は、…

  2. 受かる・土台作り作戦

    考力 自然へ行く時間帯

      今回も、自然についてお話しします。「どのようなタイミン…

  3. 受かる・土台作り作戦

    水をばかにする人は、人生をばかにしている

      「受かる・土台作り作戦」には、「体力」が必…

  4. 受かる・土台作り作戦

    技力:早めにとりかかることが、速さになる

      期即連の「即」に関する「早さ・速さ」につい…

  5. 受かる・土台作り作戦

    不合格者座談会 第10回 勝つんだ

      不合格者座談会 第10回成川先生:「勝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP