憲法

人の一生と、社会通念/徳川家康の言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!試験に合格した人、不合格になった人。自分がどちらに入るか。それぞれの受験生も、いろんな人生を歩む。あと数十年。どんな大変な時でも、目標をもって進めば、自分なりの人生が送れる。決して、ビビったり焦ったりする必要はない。この点について、江戸時代を開いた徳川家康は、名言を残している。


<徳川家康の言葉(1)>
「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず」


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!重荷を背負っているこの世。セカセカしてはいけない。じっくり構えて、緩急をつけて歩む。急いでも、いけない。そうかといってダラダラしてもならない。
 では、憲法の問題を、出します。


憲法【設問】No. 256
 次の肢は、委任立法に関するものである。誤っているかどうか。理由を、ら列して説明しなさい。
(司法27-14-ウ)
判例は、被勾留者には一般市民としての自由が制約されることを理由に、14歳未満の者との接見を原則として認めていなかった当時の監獄法施行規則を委任の趣旨の範囲内とした。
  【注】
 このような重要だが、細かい問題は、社会通念を活用して、解くとよい。判例の隅々まで、フォローすることはできないからである。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!万が一、試験に滑った場合、一端は気持ちが沈んでも、すぐ、勉強を再開してほしい。決して、諦めないことだ。かの徳川家康も、若い時、何度も何度も死の寸前まで行っている。それでも、諦めなかった。たとえ、試験に落ちても、「たいしたことはない」。後の人生から逆算すれば、1つの出来事にすぎない。それも、その後の成功の素になることの方が多い。試験程度でビビってはいけない。
 さあ!今日もいつも通り、コツコツ“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます
 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「我慢すれば、必ず、いいことがやって来る!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    【講座838】 講座837の解答 – わしなら、こう解く – 「どんどん、行…

    【緊急決定!】※先着3名様限定 ※1,000円(45分)超直前対策…

  2. 憲法

    司法試験・予備試験のちょっとした質問

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「よい質問をする人は、受かる…

  3. 憲法

    講座102【新司法試験ブログ】講座101の解答

    (1)違憲主張の適格性が認められる場合。   1. 憲法上の権利・…

  4. 憲法

    【講座571】 設問 – 平成23年(憲法)、わしなら、こう解く!(問題編)

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  5. 憲法

    平成23年(憲法)第1問の解答

     正しい。【理由】(1)普通地方公共団体が、いった…

  6. 憲法

    予算がない場合の内閣の義務

     ===========【法務省 試験情報】2019/…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP