憲法

講座38【新司法試験ブログ】どうぞ質問を!

Q:「56条2項『両議員の議事は、この憲法に特別の定ある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる』の「特別の定ある場合」とはどういう場合ですか。
(注)(1) この問題を100%答えれば、合格。80%ならまずまず。60%以下は不合格。
      自分で試してください。
   (2) 出題範囲の論点で、単純に暗記しなければならないものは、必ずとる。
      例えば、本問のような場合である。これを落とすと、差がつく。
   (3)「単純暗記のもの」は各科目とも、事前にピック・アップし、ときどき、覚えること。
   (4) 本問の答は、明日、知らせます。


新司法試験ブログを毎日読んで、新司法試験合格!
「理解するところは、理解する」「暗記するところは、暗記する」!


※ 「現行(旧)司法試験 2010年 崖っぷち合格ゼミ」 2010年3月生募集中!
※ 「新司法試験 2010年 絶対合格ゼミ」 2010年3月生募集中!

講座37【新司法試験ブログ】省略しない前のページ

講座39【新司法試験ブログ】暗記ガンになるな次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    平成20年8問肢ウの解答

     誤っている。【解説】(1)第1文は、正しい。…

  2. 憲法

    講座3【新司法試験ブログ】新司法試験合格を目指す、受験生からの質問

    Q:新司法試験合格のために、質問があります。「国家の3要素と主権の意味…

  3. 憲法

    【講座1139】 講座1138の解答 – わしなら、こう解く – 「目だって…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! まず、目を休めることが、合格…

  4. 憲法

    違憲判決の新しい方法の解答

     違憲判決の新しい方法には、通常、次のようなものがある。(…

  5. 憲法

    大日本帝国憲法の解答

     大日本帝国憲法の規定にはないが、日本国憲法の規定にあるものは…

  6. 憲法

    【講座361】 設問 – プロフェッショナルとは?

    新司法試験の勉強をしていると、人生や社会について、深く学ぶ機会が少ない…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP