憲法

【講座144】 設問 – 新司法試験ブログ

新司法試験の平成19年14問肢イを少し加筆し、作問しました。正しいか、理由を付して答えなさい。
「憲法には、会期延長に関する規定はないが、国会法(13条)はこれについて定め、常会(1回)、臨時会・特別会(2回以内)の会期延長の議決について、衆議院の優越を認めている」
【解答】
明日の「新司法試験ブログ」で示します。諸君、よく考えておいてください。
【注】
(1) 択一の肢を解く場合、必ず理由を考えてください。条文や判例にヒントが書いてある場合でも、「なぜ、そうなのか」を思考する。そうすると、論文試験に合理的な答案が書ける。
(2) いつも、自分の頭を使って、理解する。


※ スクール東京の「新司法試験」に関する情報は、随時、更新いたしております。
※ 5月22日(土曜)、23日(日曜)共に13時30分より、 無料公開講座(オープンスクール)
※ 2010年5月29日~「新司法試験 2011年 パーフェクト基礎講座」常設スクールでスタート!
※ 随時開催「新司法試験 2010年 かけこみ合格・マンツーマン徹底サポート」募集中!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    01/15更新【講座1480】設問 – 「老人に、負けないぞ!」 – わしな…

    【3日後「行政法・後期」スタート!】「7科目・パーフェクト合格ゼミ…

  2. 憲法

    公務員の政治活動の解答

     正しい。【理由】(1)論理的には、適切な委任命令…

  3. 憲法

    平成26年司法試験の出題(Ⅱ) / 短答の足切り発表

    司法試験「短答式試験」の成績発表が、本日ある(司法試験・予備試験までの…

  4. 憲法

    【講座515】 設問 – さあ、平成23年の問題をやろう!

    新司法試験・予備試験の合格を決める君よ。いよいよ、ことし平成23年の問…

  5. 憲法

    被選挙権・立候補の自由

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「短答の肢を考えていると、“…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP