総論

“最後のとりで”に、頼もう!

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! センター試験などの入学試験、司法試験・予備試験や公認会計士試験などの資格試験、さらには、公務員などの就職試験。あらゆる試験の受験生は、弱い立場にある。
「受かるかどうか、まったく分からない」という不安。「集中力がつかないのに、本番が日一日、近づく」焦り。「体調を崩して、逃げ出しそうになる」絶望感。「周囲から“今度こそ、受かるよね”」との“脅迫”など。受験生は、いろんなプレッシャーやストレスを、くぐり抜けなければならない。「自分のことを分かってくれて、助けてくれる人は、いるようでいない」。まったくの孤軍奮闘だ。
そんな君を、わしが受けとめる。“1対1”で話すと、気が休まる。少しずつ、“やる気”が、生まれてくる。君とわしの関係は、まったくの対等で、かつ、マル秘なので安心だ。話の最後には、君にとってベストか、ベストに近い解決策へと、2人でたどり着く。なぜなら、受講生の悩みや質問は、過去40余年間で、何十万件・何百万件と受けてきたが、その中で、実質的に解決できない問題は、なかったからだ。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! ただし、今の君の問題点を解く、考え方・やり方が見つかっても、最後の解決にはならない。なぜなら、いくら、いい案を出しても、当の本人が実行しないことが多いからだ。困ったことだが、この“頭で理解→体は不実行”というパターンが、このところ多くなってきた。君にとって、ベター・ベストの合格ノウハウがあり、2人の対話中、一瞬「わかりました」と言うのに、その後が続かない。その結果は、不合格。“自業自得”や“自己責任”だと割り切っても、合格マネジメントであるわしは、釈然としない。みすみす、失敗することが分かっているのに、サポートできないでいるから。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! わしと相談者が一応、合意した合格ノウハウをやらずに、運良く合格して行く人は、コンマ(1パーセント)以下の確率だ。しかし、「受かる方法があるのに、なぜやらないのか」とか、「やりなさい」と言えない。相手は、大人だもの。
合格ノウハウが分かっているのに、やらない訳は、局面的には、「そこまで、してまでも・・・」「疲れる・・・」「お金がかかる・・・」からだ。もっと深いところは、不合格者の胸の底にある。
わしの役割は、こうだ。
(1)「頭で理解→体で実行」にもっていってもらうように、心からサポートする。
(2)もう1つ。「頭で理解→体は不実行

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座538】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 山や川が、やってくる!

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  2. 総論

    【講座436】 「これは、サンドイッチの一種だ」

    新司法試験の君よ! 法を勉強している後・先に、感謝の気持ちをもっている…

  3. 総論

    講座57【新司法試験ブログ】すべての目標に共通する事業!

    言い訳が多い新司法試験受験生のお尻を叩くため、昨日、「後先考えず、死ぬ…

  4. 総論

    受験生たちは、織田信長に恐る恐る会いに行った!

     初春の日、予備試験・司法試…

  5. 総論

    【講座1234】 「ここまで、来られたから・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! いよいよ、明日が決戦の日であ…

  6. 総論

    週に半日、やることは何ですか?

     受験が、盛り上がってきている、今日このごろ。「試験のためには…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP