憲法

平成23年(憲法)第1問

東京都管理職選考受験資格確認等請求事件判決(最高裁判所平成17年1月26日大法廷判決、民集59巻1号128頁)に関する次の記述について、当該判決の趣旨に照らして、正しいか誤っているか。理由も述べなさい。

ア.普通地方公共団体は、職員に採用した在留外国人について、国籍を理由として、給与等の勤務条件につき差別的取扱いをしてはならないが、合理的な理由に基づいて日本国民と異なる取扱いをすることまで許されないとするものではない。

【注】
(1)この外国人管理職昇任問題は、過去に平成18年15問と平成19年2問に出ている。一般的にいって、過去問を完全理解しただけで、「ズバリ」が2割。「周辺論点」が8割近く。つまり、ほとんど満点近く取れるのである。

(2)この単純明解な傾向またはルールを早く、理解してほしい。司法試験・予備試験の君が「ムダなことをせず、短期合格するために、是非、過去問をしっかりフォローしてください」。

(3)司法試験・予備試験の合格には、「ノウハウ90%・知識10%である」。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

苦手科目・項目を優先する前のページ

平成23年(憲法)第1問の解答次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    【講座278】 講座277の解答 – 勉強が、面白くなる!

    新司法試験に合格するためには、いつも、どんなことでも考えることに徹する…

  2. 憲法

    憲法95条の解答

     (1)「一(ひとつ)の」とは、[特][定][の]という意味で…

  3. 憲法

    【講座928】 設問 – わしなら、こう解く – 「快い緊張を・・・」

    【注目のフェア】2012年7月11日(水)より「期間限定」&「数量限定…

  4. 憲法

    【講座355】 講座354の解答 – 合格とは、わからないことを克服する作業だ

    新司法試験に合格するには、わかる項目とわからない項目をハッキリさせれば…

  5. 憲法

    講座95【新司法試験ブログ】講座94の解答

    <第1文> 正しい。【理由】(1)企業者の「契約締結の自由」で…

  6. 憲法

    【講座516】 講座515の解答 – 中途半端がいけない!

    新司法試験・予備試験の合格は、たやすい。基礎的な論点を確実に自分のもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和4年(2022年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 (スク短) アマゾンにて発売開始!

ペイパル新規登録キャンペーン

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP